5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ 5〜6歳 ハイレベル 夏のおけいこ
構成: 入澤 宣幸  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
夏のがんばり賞キャンペーン実施中!夏向け幼児教材売上No1!「できた!」「もっとやりたい!」が聞こえる夏に♪
まゆみんみんさん 40代・ママ

家庭学習の習慣になりようですね。
我が家の娘も、幼稚園児の頃、学研のドリ…
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
あー・あー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あー・あー

  • 絵本
作・絵: 三浦 太郎
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年12月10日
ISBN: 9784494003006

0・1歳〜
17.6×17.8cm 24頁

この作品が含まれるテーマ

みどころ

あかちゃんの顔がかわいいグリーンの絵本をひらくと、「めー・めー」ひつじさんが出てきて、次のページをめくると「もー・もー」と牛さん、「がー・がー」とあひるさんが出てきます。
「ふー・ふー」とおいしそうなものを冷ましたり、「ぷー・ぷー」とラッパをふいたり。
そうです。この本はそんな「音」と「言葉」をあつめた絵本なのです。
「じー・じー」や「ばー・ばー」も出てきて、さいごは・・・?

あかちゃんが発語をはじめる前の「あーあー」「ちゃーちゃー」などの言葉には、宝物がたくさん詰まっていますよね。
小さなあかちゃんが何か言おうとしている、こちらに向かって、何かに向かって手を伸ばそうとしている。それはもう感動的な瞬間です。
あかちゃんが言葉を発するようになると、はやく自分のことを呼んでほしくて周りの大人は一心に話しかけます。
「ま・ま」「ぱ・ぱだよー」と。
作者の三浦太郎さんも、9年前、はじめて娘に「ぱ・ぱ」と呼ばれたとき、涙が出たそうですよ(あとがきより)。

じつは同時発売の『あ・あ』という絵本があるのですが、この2冊のあかちゃん絵本、じっさい読んでみると、意外なほど、すでに言葉が達者な幼児たちの心にもヒットします。
わが家の5歳と2歳に読んでみましたが、親が読み終えたあとも「かして」といって一人でめくっては、しあわせそうに声にだして読んでいます。
幼い子の「さいしょの言葉」が、心をふるわせるリズムでおさまっている。そんな絵本なのです。
子どもにとっては、世界と出会った喜び、そして愛された記憶も、あざやかによみがえるのかもしれません。
『あ・あ』と『あー・あー』、2冊一緒に親子で味わってみてくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

やぎさんの「めー・めー」に、「もー・もー」「がー・がー」…。のばす音が2つくりかえされて進んでいきます。やさしい表情、動きのあるかわいらしい絵が、原初的な音と響き合って、赤ちゃんと一緒に心が躍ります。

ベストレビュー

赤ちゃんのための絵本

「あ・あ」の最後はママとパパでしたが、今回はじーじーとばーばー。なんだか微笑ましく感じます。まだおしゃべりはできない息子ですが、「あ・あ」や「あー・あー」を読みながら気持ちが通じ合えたらいいなと思いながら読み聞かせを楽しめました♪

三浦太郎さんの絵本はあとがきに三浦さん自身のお子さんとのエピソードが書かれているので、それを見るのも楽しみの1つです。
(☆うさこ☆さん 30代・ママ 男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


三浦 太郎さんのその他の作品

ジャングルジムをつくろう! / おうさまのこどもたち / 図書・図書館史 図書館発展の来し方から見えてくるもの / でんしゃがきました / おやすみ ぞうちゃん / ぞうちゃんの いやいや



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

あー・あー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット