まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おばけのアッチとドラキュラスープ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのアッチとドラキュラスープ

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おばけのアッチとドラキュラスープ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2013年12月
ISBN: 9784591136904

小学校低学年〜
22cm x 15.5cm 79ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

アッチは、ドララちゃんのお料理をレストランでだしてあげるといわれ、ことわってしまいました。すると、お店がこわれはじめ…。

ベストレビュー

こじらせ男子の扱い方は?

レストランひばりはお化けのアッチが作るちょっと変わった料理が評判。ドラキュラ城の孫娘ドララちゃんも料理自慢。お店で出してもいいわよ、という高飛車な言い草に、アッチはムッとして断る。その後レストランでは原因不明の怪事件が次々と起こるようになり…騒動の原因・犯人を捜すと意外な結末が。

料理人はプライドが高い。自分の仕事場は縄張りで、他の人が介入するのを極端に嫌う。自分のやり方で通したい…二人の小さな料理人の意地の張り合いが面白い。
また怪事件の犯人捜しで、濡れ衣を着せられたいつものメンバーとのやりとりも楽しい。何かわからない事が起きて困ると、その辺の人を疑う。どんどん疑惑が広がり、周囲の人たちとの関係が徐々に悪くなっていく雰囲気は、この小さな物語の世界だけではなく、誰でも多かれ少なかれ経験していると思う。保育所や小学校でも、物がなくなったり、何かあると犯人捜しが始まる。結果はどうあれ、疑惑の中にある不安などが思い出されて、妙に恥ずかしかった。

ネタバレになるが、
自分のやりたいことが素直に表現できないことで、こじらせた犯人が周囲を巻き込んで大迷惑をかけていたという落ちだが、これも社会人になってからもよくある話。いい大人が子どもの頃から抑圧されていた欲求を解消できなくて、キレる、うつになる、精神のバランスを崩す…というのはあちこちで見てきた。この物語のように、誰かが半ば強制的に欲求を解消してくれるとよいが。
なかなか現実の世界はそんなに親切なことは起きない。
だから、自分で稼ぐようになったら、自分の欲求は自分で責任をもって解消する。それは周りの人のためでもあると、つくづく思った。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

角野 栄子さんのその他の作品

ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本 / おばけのアッチ おもっちでおめでとう / かがみとチコリ / 「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出 / ちびねこチョビ / 境い目なしの世界

佐々木 洋子さんのその他の作品

アッチとドッチのフルーツポンチ / おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン! / おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / おばけのアッチとくものパンやさん / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 角野栄子の小さなおばけシリーズ(特選12巻セット)


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おばけのアッチとドラキュラスープ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

おばけのアッチとドラキュラスープ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット