これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
シェイプ・ゲーム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

シェイプ・ゲーム

作・絵: アンソニー・ブラウン
訳: 藤本 朝巳
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784566007840

小学校低学年〜

出版社からの紹介

ママが美術館に行こうと言い出した。美術館についても楽しんでいるのはママだけ。ぼくもみんなも退屈だった、最初のうちはね。でもママはぼくらに絵を見る楽しさ、描く楽しさを教えてくれたよ。絵の中にはたくさんのヒントがあるんだ。そこで、ぼくらは絵を描くゲームをはじめた。シェイプ・ゲームをね!

ベストレビュー

美術館に行って画家になる決心

画家の自伝風(前書きを読むとアンソニー・ブラウンのことではないかもしれませんが)で、中年の画家が回想する場面から始まります。小さいころ、ママの誕生日にママの提案で美術館に行ったこと、パパと兄が乗り気にならなかったこと、パパが道々だじゃれを言っていたこと、それでも絵を見ているうちにだんだんみんな楽しくなってきたこと……。何カ所か、見開きの左側に本当の名画があって、右側に著者が描いたパロディーの絵があるのですが、気取らず見れば、絵が楽しいものだということがよくわかります。そして、帰りの電車で「ぼく」とママは「シェイプ・ゲーム」をします。このゲーム、我が家の子供たちも喜んでやりました。絵はイマジネーションなのですね。家族の様子も、いかにも実際にありそうで共感が持てます。
(ホートンさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

アンソニー・ブラウンさんのその他の作品

すきです ゴリラ / 1はゴリラ / くまさんの おたすけ えんぴつ / ゴリオとヒメちゃん / うちのママってすてきなの / びくびくビリー

藤本 朝巳さんのその他の作品

絵を読み解く 絵本入門 / 松居直と絵本づくり / 子どもと絵本 / ベーシック絵本入門 / たのしい どうぐばこ / リンゴのたび



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

シェイプ・ゲーム

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット