新刊
魔女からの手紙

魔女からの手紙(ポプラ社)

カスレちゃんという魔女にとどいた20人の魔女からの手紙。著名な画家陣が魔女のイメージで描いた絵に角野栄子が手紙文をつけた注目の絵本。

和食のすべてがわかる本(1) 一汁三菜とは

和食のすべてがわかる本(1) 一汁三菜とは

  • 児童書
監修: 服部幸應 服部 津貴子
編: こどもくらぶ
出版社: ミネルヴァ書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年12月15日
ISBN: 9784623069736

AB・40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

和食というのは、日本の気候・風土・歴史のなかで育まれてきた料理のことです。わたしたち日本人は、自然の恵みを活用し、素材の味わいを生かす調理法を発達させてきました。「一汁三菜」に代表されるように、和食の最大の長所は数多くの食材をバランスよく組み合わせ、だしをつかって調理する点です。第1巻では、和食の調理法「五法」から食事作法にいたるまで、和食の基本を総合的に学びます。



[ここがポイント]
・ユネスコ無形文化遺産に登録申請した『和食』を総合的に学べるはじめての児童書 
・監修は、食育の第一人者 服部幸應先生・服部津貴子先生
・一汁三菜から郷土料理、懐石料理、世界のWASHOKUまで、和食のことならなんでもわかる
・服部先生作成の、家庭でたのしくつくれる和食のレシピを、各巻に掲載。



〔ここがポイント〕
・ユネスコ無形文化遺産に登録申請した『和食』を総合的に学べるはじめての児童書 
・監修は、食育の第一人者 服部幸應先生・服部津貴子先生
・一汁三菜から郷土料理、懐石料理、世界のWASHOKUまで、和食のことならなんでもわかる
・服部先生作成の、家庭でたのしくつくれる和食のレシピを、各巻に掲載。 

ベストレビュー

和食、いいですね〜!

「和食」の良さが見直されている現代にぴったりな1冊に思いました。
洋食も美味しいですが、和食もやっぱり美味しいですよね。
出汁の取り方など、子供達にとっても将来役に立つことがたくさん書かれていて、料理に興味を持ってくれる機会にもなるのではないでしょうか。
和食、これからも作っていきたいです!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


服部 幸應さんのその他の作品

和食のすべてがわかる本(4) 和食からWASHOKUへ 世界にひろがる和食 / 和食のすべてがわかる本(2) 郷土料理を知ろう 日本各地の和食 / 食育お弁当とごはん ベビ−ブックおすすめ / 食育のすすめ 豊かな食卓をつくる50の知恵 増補版 / 食育子どもごはん ベビ−ブックおすすめ / 紙芝居 りんごちゃん

服部 津貴子さんのその他の作品

和食のすべてがわかる本(3) 懐石料理を知ろう 和食とおもてなし

こどもくらぶさんのその他の作品

未来につながるまなびば 子ども大学 2巻 / 奈良の都 / 未来につながるまなびば 子ども大学 1巻 / うんどうの基礎のきそ(3) ボール投げ、その前に / 古代の都 / すがたをかえる食べもの つくる人と現場 (4) とうもろこし


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 民族・風習 > 和食のすべてがわかる本(1) 一汁三菜とは

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

和食のすべてがわかる本(1) 一汁三菜とは

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット