まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
こまったときのねこおどり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こまったときのねこおどり

  • 絵本
作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2013年04月
ISBN: 9784591134078

2歳〜5歳
27cmX22cm 32ページ

出版社からの紹介

あれも ダメ、これも ダメ、ダメ、ダメ、ダメ、・・・・・・。
にっちも さっちも いかなくなったら、おもいきって とびだそう!
きっと、あたらしい せかいが ひろがるよ!


ねこさんは なにを やっても しっぱいばかりで、うまくいきません。
いつも しょんぼり おなかを すかせていました。

でも、きょうは ついています。
おいしそうな ねずみを つかまえましたから。

でも、その ねずみが いいました。
「まいにち たっぷり ごはんが たべられる いい ほうほうが ありますよ。」
ねずみは、いったい なにを おしえてくれるのかな?

ベストレビュー

子供大笑い

このお話はどこへ行ってもうまくいかないダメ猫が主人公のお話でした。でも、そんな猫もある日一匹のネズミを捕まえるのですが、そのネズミに騙されてしまい散々な目にあいます。でも、それが功を奏して成功を収めるのですが、うちの子は猫にお金の代わりに渡されるねずみ(縄で縛られたやつ)にはまって、大笑いでした。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

フウちゃんクウちゃんロウちゃんのふくろうがっこう / 学校へ行こう ちゃんとりん / ルラルさんのえほん(8) ルラルさんのだいくしごと / おさるのよる / へんたこせんちょうとくらげのおうさま / もとこども



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

こまったときのねこおどり

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット