新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

  • 絵本
  • 児童書
文・写真: 公文 健太郎
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年02月07日
ISBN: 9784036480708

小学3・4年生から
25cm×22cm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


編集者インタビュー&トークショーレポート

出版社からの紹介

将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日

カトマンズの東、バネパという街にアヌスカは暮らしています。両親の営む洋品店のまわりを、今日も弟や友だちとかけまわります。

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

ベストレビュー

大地の色に包まれた生活

【内容】
ネパールの首都カトマンズから東に30kほど離れた町「バネパ」に住む、7歳の小学生アヌスカ。両親が用品店を営み、小学校に通い、おばあちゃんの家にも時々遊びに行く。
ネパールの子どもの日常生活を、たくさんの写真で紹介する。

【感想】
どの写真からも、大地の気配が感じられます。
素朴な生活は、生命力にあふれ、みんな思い思いに人生を楽しんでいるようすが伝わってきました。

一番印象的だったのは、アヌスカの赤ちゃんの頃の写真。
本当に丸々とした、美しい赤ちゃんで、大きな目が宝石のよう。成長するとスッキリとした活動的な少女になっていましたが、まさに、神様から授かった子どもという感じがしました。
朝五時に起きて、水汲みにいったり、店の手伝いをしたり、生活力のある少女です。けっこう忙しそう。生活力が自然に培われる暮らしが、素敵です。

学校がお祈りから始まったり、10歳になると鼻にピアスをしたり、ネパールの風習は知らない事ばかりで、面白く読みました。
とはいえ、文化が違っても、子どもがイタズラしたり、学校帰りに買い食いしたりするのは同じ。自分もネパールの子どもになって一緒に遊んでいるような感じを楽しみました。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どーこかな?
    どーこかな?の試し読みができます!
    どーこかな?
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    お顔の中のあてっこ遊び おめめは どーこ? ここよ ここよ ぱちくるりん 親子の触れ合いを楽しむあか

公文 健太郎さんのその他の作品

光の地形 / 暦川 / こんにちは、 キリンのあかちゃん / ラッコのたんじょうびケーキ / ゴマの洋品店 / だいすきなもの


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 社会 > 世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

世界のともだち(7) ネパール 祈りの街のアヌスカ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット