話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
いないいないばああそび

いないいないばああそび

  • 絵本
作・絵: きむら ゆういち
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥680 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1988年12月
ISBN: 9784031310208

対象年齢 0歳から

0〜1歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


「きむらゆういち先生 ミニトーク付おはなし会イベント」レポート

みどころ

絵本を縦に開いて。
登場するのはこいぬコロ。
あれれ、おててで顔を隠してるよ。

「いない いない」

おててを下に開くと、コロが笑顔で……、

「ばあ〜」

ああ、これは楽しいしかけ。
お次はピイちゃん。ピイちゃんもおめめを隠して。
ねこのミケもおててで隠して。

「いない いない……ばあ!」

今度はかいじゅうさんも、ゆうちゃんも。
最後はママも!

赤ちゃんから小さな子どもたちまで、みんなが大好き“いないいないばあ”遊び。しかけをめくると次々に登場する明るい笑顔に、みんなが喜んでいる姿が目に浮かびます。ママのページは、目の部分に穴が開いているので、本当の目をあてて、お面の様にして遊んでくださいね。お子さんの名前を呼んであげれば、もっと嬉しいはず。親子の遊びの時間を楽しく演出してくれる、持っていれば頼もしい「あかちゃんのあそびえほん」シリーズなのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

いないいないばああそび

ベストレビュー

重宝しています

ページをめくるといろんな動物さんがおててで隠していたお顔を「いないいないばぁ」。最後はお母さんがいないいない・・・あれ?なんてプチサプライズ?!もありますが単純明快で月齢の小さいうちから楽しめます。うちはお出かけ先に必ず持って行ってましたが最近この本の携帯版と思われる「お出かけボードブック」なるものがあることをこのサイトで発見。ということはうちのようにお出かけで使っている人が多いのだなぁと思いました。
(yukinekoさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話

きむら ゆういちさんのその他の作品

ごはん のこすな / そとで あそべ / てあらいできるかな / わんわんバス / きりん りんりん / 花のすきなおおかみ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > いないいないばああそび

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

いないいないばああそび

みんなの声(314人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット