新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ロングセラー
ぴよちゃんとひまわり

ぴよちゃんとひまわり(学研)

道徳の教科書にも掲載されている、命を慈しむ心をはぐくむ絵本です。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
白バラはどこに

白バラはどこに

  • 児童書
文: クリストフ・ガラーツ ロベルト・イーノセンティ
絵: ロベルト・イーノセンティ
訳: 長田 弘
出版社: みすず書房

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2000年09月
ISBN: 9784622047216

B5変型判 228mm×182mm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

第二次世界大戦下のドイツ。「白バラ」という名の少女が住むちいさな町にも、戦争は確実にやってきた。

ある日、逃げようとする一人の少年をのせて走り去るトラックを目撃した「白バラ」は、そのあとを追う。町をはずれ、広い野に出て、見たこともない森へ。森のなかの切りひらかれたところで少女が見たのは、鉄条網をへだてたむこう側のおおきな木造の建物と、そのまえに立ちつくした、やせた子どもたちだった。風のつよい、寒い日だった……

甘さのみじんもない、しかし、リリカルな本当の“絵本”が、ここにある。「白バラ」という名の少女の記憶をとどめてほしい。この絵本を読んだら、あなたの心のなかに。

ベストレビュー

ホロコーストを描いた絵本の一冊

伝記絵本についての論文の中で紹介されていた一冊です。

「白バラ」という名の少女が見つけたのはユダヤ人の収容所。少女は誰にもそれを知らせることなく、収容所へ食べ物を運びます。

ロベルト・イーノセンティの描く絵はとても美しく切なく、それだけにその悲惨さ悲劇が一層物悲しく切なく感じました。

収容所のこともユダヤ人迫害のことも文中には出て来ませんが、絵を見ればそれは一目瞭然で、とても力のある絵だと思いました。

ホロコーストを描いた絵本の一冊としてとても印象に残りました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長田 弘さんのその他の作品

ことばの果実 / 誰も気づかなかった / 風のことば 空のことば 〜語りかける辞典〜 / 水の絵本 / 帽子から電話です / 小さな本の大きな世界


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > 白バラはどこに

2022年読書感想文課題図書でもある写真絵本

白バラはどこに

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット