おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
【2018入園入学フェアOPEN!】贈り物にぴったりの絵本・図鑑・読み物をご紹介しています♪
鬼と行者さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

鬼と行者さま

  • 絵本
著者: 総本山金峯山寺
画: 松田 大児
出版社: コミニケ出版

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「鬼と行者さま」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月03日
ISBN: 9784903841106

出版社からの紹介

むかし、むかし、あるところに小角というひじょうに立派な青年がいました。小角はどうすれば、みんながもっと幸せに暮らせるのかを考えました。そして答えをみつけました。「正しく、そして厳しい仏さまがいらっしゃれば、みんなを救ってくださるにちがいない」そこで金峯山寺で仏さまに祈りをささげることにし……。 

奈良県吉野にある金峯山寺の仏教絵本シリーズ第1弾! 肌は青黒く、かみの毛は逆立ち、目は怒りに燃え、牙まで生えてる、こわーい顔をした蔵王権現が金峰山寺にいらっしゃるまでのお話を絵本にしました! どんなに厳しく、難しいことでも打ち破る力の現れが、この怖いお顔の理由です。これからたくさんの困難と戦っていく、子どもたちにぜひ読んであげたい1冊です。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松田 大児さんのその他の作品

山中七策



『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

鬼と行者さま

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット