いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
迷宮ヶ丘〇(ゼロ)丁目 奇妙な掲示板
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

迷宮ヶ丘〇(ゼロ)丁目 奇妙な掲示板

  • 児童書
編: 日本児童文学者協会
絵: アカツキウォーカー
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月10日
ISBN: 9784035395003

小学校高学年から
20cm×14cm/118ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

加藤純子、ばんひろこ、最上一平、田部智子、石井睦美、五人の作家による奇妙な話のアンソロジー。「はじめから好きじゃなかった」七菜(ルビ・なな)はぼうぜんと、携帯の画面を見つめた。失恋のつらさから、すがる思いでさがしだしたのは、ある掲示板。うわさでは、恋に悩んだとき、この掲示板に書きこむと、うまくいくようになるという……。「奇妙な掲示板」ほか、全5編収録。

ベストレビュー

奇妙な5つの物語

迷宮ヶ丘シリーズ。初めて読みました。
5人の作家さんが各々奇妙な「迷宮ヶ丘」のお話を書いています。
表題の「奇妙な掲示板」。失恋した少女が掲示板に書き込みをします。だれもがうらやむような女の子になりたいです等々。それが実現してしまうのですが、なかなか素直に喜べない感じのお話です。
作中では決定的に怖いことにはなっていませんが、その後が怖い…?と感じるお話が多かったです。
面白かったのでほかの迷宮ヶ丘も読んでみたいと思いました。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


日本児童文学者協会さんのその他の作品

やがて、物語は逆転する / そして、物語は決着する / さらに、物語は迷いこむ / きっと、物語はよりそう / 迷い道へようこそ / 友だちになる理由

アカツキウォーカーさんのその他の作品

こちらへそ神 異能少年団 / 迷宮ヶ丘 五丁目 瓶詰め男



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

迷宮ヶ丘〇(ゼロ)丁目 奇妙な掲示板

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット