話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
マウルスとマドライナ

マウルスとマドライナ

  • 絵本
作・絵: アロイス・カリジェ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥2,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1976年
ISBN: 9784001105742

小学3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ヤギ飼いの少年マウルスは,町に住むいとこのマドライナの家に初めてひとりで遊びに行きました.そして,こんどはマドライナとおじさんを連れてアルプスの山にもどりますが,天候が急変します…….

ベストレビュー

生きる知恵

2週ぐらい前に『マウルスと三びきのヤギ』を
読んだばかりだったので
5歳児も「あ〜、あのこやぎの話ね」と
印象に残っていたようで、お話も入りやすかったです。

それにしても、山の大人はよくもまあ、
あんな山道を子ども一人で行かせれるなあと
尊敬してしまいます。

マウルスも生きる知恵があり、
たくましいし、
大人の私でもあんな道を一人ではいけないなと
環境や人間性を考えさせられました。

息子たちは最後のへりに「いいな〜」と
羨ましそうでした。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アロイス・カリジェさんのその他の作品

ウルスリのすず / 大雪 / ナシの木とシラカバとメギの木 / フルリーナと山の鳥 / マウルスと三びきのヤギ  / アルプスのきょうだい

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / いしになった かりゅうど モンゴル民話 / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > マウルスとマドライナ

今月の新刊&オススメ絵本情報

マウルスとマドライナ

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット