おばけのソッチねこちゃんのまき

おばけのソッチねこちゃんのまき

  • 児童書
作: 角野 栄子
著: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1991年10月
ISBN: 9784591030547

小学校低学年〜
22cm x 15.5cm/80ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ソッチは、お友だちのかっている子犬や小鳥がうらやましくてなりません。ねこをかっていると思わずうそをついてしまいますが・・・。

ベストレビュー

嘘をつく子どもの心が生々しく痛々しい

飴屋に住んでいるお化けのソッチが、放課後、お友達にペット自慢をされた。可愛い小犬や小鳥を見て、うらやましくなり、つい自分も「飼っている」と嘘をついてしまって、引っ込みがつかなくなったソッチは、おばあさんに動物を飼って欲しいと懇願するが、そっけなくあしらわれてしまう。約束したからどうしても何かを連れて行かなければならなくなったソッチは…

見栄っ張りの性格が災いして、嘘をつき、最終的には嘘をつき通して本人にも嘘だか本当だかわからなくなってしまった女の子(のお化け)。虚言癖になっていく人の過程を見るようで、痛々しかった。
正直に「うらやましい、私は何もペットを飼っていない」と言えればよかったのに…と読者は思った。そんなことを言ったらお話にならないのだろうけど、こういう場面を見ると、自分が小さかったころや、最近のことをいろいろ思い出して切なくなる。
ついつい、雰囲気に流されて嘘をついたこと。ついた嘘によって引っ込みがつかなくなり窮地に立たされたこと。多かれ少なかれ誰でも体験するだろうが、筆者はみずみずしく可愛らしい雰囲気で、お説教になる感じも出さずに、上品に描いて見せてくれる。

 見栄っ張り→虚言癖。大人でもたくさんいる困った人たちだが、きっかけはこのように些細なことだったのかもしれない。
みんなの仲間に入りたいけど、入れないお化けのソッチにとって、正直にしていることは、ある種の恐怖だったのだろうか。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

角野 栄子さんのその他の作品

角野栄子のアコちゃん絵本 ぽかぽかぐ〜ん / リンゴちゃんのいえで  / だっこさんかいサンタクロース 角野栄子のアコちゃん絵本 / 赤ずきん RED RIDING HOOD / おばけのアッチとコロッケとうさん / ねこになっちゃった 角野栄子のアコちゃん絵本

佐々木 洋子さんのその他の作品

おばけのアッチ おもっちでおめでとう / アッチとドッチのフルーツポンチ / おばけのアッチ スパゲッティ・ノックダウン! / おばけのソッチ ぞびぞびオーディション / おばけのアッチとくものパンやさん / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > おばけのソッチねこちゃんのまき

今月の新刊&オススメ絵本情報

おばけのソッチねこちゃんのまき

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット