話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ごきげんならいおん

ごきげんならいおん

  • 絵本
作: ルイーズ・ファティオ
絵: ロジャー・デュボアザン
訳: 村岡 花子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1964年04月
ISBN: 9784834000214

読んであげるなら・5・6才から
自分で読むなら・小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

おはなし

フランスのある町の動物園に、ごきげんならいおんがいました。毎日、飼育係の息子のフランソワや、デュポン校長先生や、パンソンおばさんや、町の人みんながごきげんならいおんに挨拶してくれます。
ある日、ごきげんならいおんは、らいおんの家の戸が開いているのに気付き、いつも挨拶してくれる町の人達に、自分から挨拶しに行くことにしました。
ところが、町の人達はごきげんならいおんに会うと大声をあげて逃げていきます。町は大騒ぎになり、消防隊も出動し、ごきげんならいおんに近づいてきます。
そのとき後ろでフランソワのかわいい声がします。
「やあ、ごきげんならいおんくん」
逃げ出さずに声をかけてくれる友達に会って、ごきげんならいおんはとてもごきげん。二人で動物園まで歩いて帰ったのでした。

出版社からの紹介

ごきげんな気のいいライオンが、おりの戸があいていたので街へ散歩に出かけます。仲よくしてくれると思った街の人はみんなびっくり――。着想のすばらしい愉快な絵本です。

ベストレビュー

こわくないライオンです

フランスの動物園に、いつもごきげんなライオンがすんでいました。ある時、ライオンは家の戸が開いているのに気がつきます。「いつもみんなが来てくれるので、お返しに僕のほうから出かけてみよう」と思ったライオンは、公園を出て町に向かいます。いつも出会う人たちに「こんにちは」とあいさつをして回るのですが、町は大さわぎに・・・。赤い表紙に、やさしそうなライオンが描かれています。うちの子供たちは、優しいライオンがだんだん大さわぎになり心配になったようですが、こどもと動物園に帰って行く終わり方が気に入ったようでした。やさしい気持ちになれますよ。
(かあぴいさん 30代・ママ 男の子11歳、女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルイーズ・ファティオさんのその他の作品

クリスマスの森 / ごきげんなライオン おくさんにんきものになる / ごきげんなライオン すてきなたからもの / ごきげんなライオン ともだちはくまくん / ごきげんなライオン たのしい空のたび / ごきげんなライオン ともだちさがしに

ロジャー・デュボアザンさんのその他の作品

しばふって、いいな! / みずたまり / スノーウィとウッディ / ロバくんのみみ / つちをほらなくなったスチームショベル / ぼくはなにいろのネコ?

村岡 花子さんのその他の作品

赤毛のアン / 講談社青い鳥文庫 アンの娘リラ 赤毛のアン(8) / 講談社青い鳥文庫 ナイチンゲール 「看護」はここから始まった / 講談社青い鳥文庫 虹の谷のアン 赤毛のアン(7) / 10歳までに読みたい世界名作 王子とこじき / 偕成社文庫 伝記 ヘレン・ケラー


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > ごきげんならいおん

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

ごきげんならいおん

みんなの声(53人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット