新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

サンタ・クロースからの手紙

サンタ・クロースからの手紙

  • 絵本
作・絵: J.R.R.トールキン
訳: せた ていじ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「サンタ・クロースからの手紙」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1976年
ISBN: 9784566002289

出版社からの紹介

サンタ・クロースになりすましたトールキンが、20年以上にわたり子どもたちに贈り続けたクリスマス・レター。サンタ・クロースの北極での暮らしぶり、愛すべきまぬけな白熊のことなどをユーモラスに報告。トールキン自筆のファンタジックな水彩画を収めた、美しいクリスマス絵本。

ベストレビュー

ファンタジーを創りだす素晴らしさ

この絵本は、自分が小さいころに親から贈られました。
が、そのときに「この絵本の良さは大人にならないとわからないだろうな」といわれ、
そして本当にそのときはあまり面白く感じませんでした。

そして今、自分が大人になって小さな男の子の母にもなり・・
再びこの絵本を読みました。
すると・・・じわじわ、しみじみ・・本当に感動ありユーモアあり
まるで暖炉の前にたたずんでいるかのように心温まる傑作なのでした。

その感動は、作者トールキンの父としての子への愛情(毎年の、ステキに凝った手紙)だったり、
そこに創り出されたサンタクロースの暮らす世界と生き生きした登場人物だったり・・
はたまた、サンタの相棒、白熊くんのドジで愛嬌あるキャラクターに
ぷぷっと笑わされたり・・。

どこまでも細かい演出(封筒や切手のデザイン、形象文字)は
ファンタジー作家トールキンの真骨頂でしょう・・。

昨年のクリスマスには、この真似をし「サンタからの手紙」を
描きました。2歳の息子に・・。
彼にはまだわかりませんが、数年後の成長した彼に、手紙の束を
見せたいと思っています。

想像力をもつこと
親から子へのきもち

そんな普遍的なだいじなものが、ぎゅっと詰まっています。
(10月さん 30代・ママ 男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


J.R.R.トールキンさんのその他の作品

ホビット〜思いがけない物語〜 / ファーザー・クリスマスサンタ・クロースからの手紙 / ファンタジー画集 トールキンの世界 / オリジナル版 ホビットの冒険 / 指輪物語(全7巻) / 岩波少年文庫 ホビットの冒険(下)

せた ていじさんのその他の作品

三びきのやぎのがらがらどん(大型絵本) / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / オニヤンマ空へ / 『おやすみなさいおつきさま』ができるまで / チムとゆうかんなせんちょうさん チムシリーズ 1


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > サンタ・クロースからの手紙

『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

サンタ・クロースからの手紙

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット