話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
よふかし にんじゃ

よふかし にんじゃ

  • 絵本
文: バーバラ・ダ・コスタ
絵: エド・ヤング
訳: 長谷川 義史
出版社: 光村教育図書 光村教育図書の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2013年12月10日
ISBN: 9784895728621

幼児から
A4変型判/32ページ

出版社からの紹介

真夜中でござる。しめしめ、この家の者は、みな寝ているでござる。忍者は、ぬき足さし足、そうっとそうっと・・・。コラージュによる時代劇風、サスペンス調の絵と、奇想天外な展開が楽しい絵本。長谷川義史の妙訳でお届けします!

ベストレビュー

子どもたちが反応

小学校のおはなし会にやってきた子どもたちが、目ざとくこの本を見つけ、
「これ、おもしろそうや、先に読んで!」と言う。
いやいや、楽しみは最後でござる。
表紙の絵が醸し出すオーラに、子どもたちの感性がさっそく反応していてびっくりです。
何やら意味ありげな題名に、表紙のこのアングル、確かに、惹きつけられます。
闇夜で月明かりに忍者のシルエット。
その忍者の様子が描かれます。
〜でござる、という口調が、なんとも臨場感たっぷりです。
読んでいる私も、ついサスペンス調のトーンになります。
様子伺いも万全、いざ、という段になり、物語は急に大展開始めます。
そして、「よふかしにんじゃ」の正体とその行動の全容が明らかになります。
原題は『MIDNIGHT NINJA』、そう、外国人作家が描く忍者ストーリーなのです。
大胆なコラージュを駆使した絵は、確かに、日本人の感性とは一味違う忍者像です。
しかも、訳者は、長谷川義史さん。
関西弁の名手だけあって、後半のセリフ回しは絶品です。
もちろん、原題を「よふかしにんじゃ」と訳出したところに脱帽です。
ごくごく短いストーリーですが、読み手がいろいろ工夫できると思います。
ええ、もちろん、子どもたちも釘付けでしたよ。
(レイラさん 40代・ママ 男の子20歳、男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


エド・ヤングさんのその他の作品

TUNAMI!津波 / 風にのっていったダニーナ / つる サダコの願い / ロンポポ / 七ひきのねずみ / ライオンとねずみ

長谷川 義史さんのその他の作品

たんじょうびはジェットコースター / オカピぼうやのちいさなぼうけん / おにのパンツ / そらから おちてきてん / お月さんのシャーベット / グーチョキパーのうた


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > よふかし にんじゃ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

よふかし にんじゃ

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット