日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと

  • 絵本
文: 塚本 千恵子
絵: 塚本 やすし
出版社: 東京書籍

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年03月10日
ISBN: 9784487808731

48ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

わたし(千恵子)は東京・浅草の洋品店で育ちました。
チーコと呼ばれていました。
兄弟たちは疎開し、父親は戦争にいってしまいます。
1945年3月の寒い、風の強い夜、なんの前ぶれもなくやってきたB29爆撃機の大軍のために、焼夷弾で町中が焼かれ、わたしは母親と、母親が縫って作ってくれた人形をもって、無我夢中で逃げました…
10万人以上が一夜で亡くなった、世界最大の空襲・東京大空襲。
本書は、作者みずからの体験をもとに描かれた、初の本格的な東京大空襲の絵本です。
作者の塚本千恵子が少女時代に体験した、この空襲において、母親の犠牲により一命をとりとめた実体験を、息子の画家・塚本やすしが絵本にまとめました。

ベストレビュー

実際にあったこと

目の前で母親が焼け死んだら、自分を守るために命を落とす様を見ていたら、その子はどの様に生きていくのだろうか。
実際に体験した悲しみを塚本千恵子さんが語り、息子さんの塚本やすしさんが描いています。
「戦争は嫌いだ」
塚本やすしさんの作品の中に、戦争反対の強い意思が引き継がれています。
忘れてはいけない作品です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


塚本 やすしさんのその他の作品

ことわざヒーロー★だるマン / イカリメーター / 焼けあとのちかい / ふねひこうきバスきしゃ / ありがとうございます / こなものがっこう


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

せんそう 昭和20年3月10日 東京大空襲のこと

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット