なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
まことあつさん 30代・ママ

本を読む醍醐味
なぞなぞ遊びが好きな息子たち。 しか…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
かあさんのしっぽっぽ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かあさんのしっぽっぽ

  • 児童書

「おはなしいちばん星」シリーズ

子どもレビュー募集中

作: 村中 李衣
絵: 藤原 ヒロコ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 一章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 2014年03月15日
ISBN: 9784776406020

6〜8歳
22×16cm 96頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

年齢別絵本セット&学年別児童書セットの小学2年生向けベストセレクション

みどころ

忙しいお母さんと、まだ甘えたい年頃の女の子。すれ違ったり、反発したり、心を通わせたり…。

和菓子屋「はごろも堂」を切り盛りする結衣のかあさんは朝から晩まで大忙し。お店の目玉はふっくらした塩大福と豆大福。大なべで練ったあんこを、ゴムべらでボウルに移すかあさんの姿はたくましい!けれども、娘の結衣が学校から帰ってきて「ねぇ、かあさん」と声をかけても返事がないし、きらいなお風呂そうじは頼まれるし、夕飯も一人・・・。まだ二年生の結衣はさみしくて仕方がありません。寝る前に、学校の発表会でやることになった「しろぎつねのおんがえし」の民話を読んでいると、キツネに飲みこまれて体をのっとられてしまったおかみさんが出てきました。そのお話を読んだ後、お風呂そうじのことでかあさんにこわい顔でおこられた結衣は、本物のかあさんはきっとキツネに食べられてしまって、目の前のかあさんはキツネが化けているに違いないと思い込みます。そしてなんとかキツネのしっぽをつかもうとするのですが…。

物語と現実の間で揺れる子どもの心情がよく表されていて、ぐっとひきこまれます。大人でもそうなのですから、子ども達が読んだらもっとひきこまれて、結衣と同じようにかあさんがキツネなのではないかと、ハラハラすることでしょう。

お話を書かれたのは、子どもたちや大学生、お年寄りの方などさまざまな年齢の方と絵本を読みあい、大学でも絵本を介したコミュニケーションを研究されている児童文学作家の村中李衣さん。本作品も、村中さんならではの、子どもの心の動きや気持ちの揺れが丁寧に描かれ、読めば読むほど深みが増す作品です。さらに、藤原ヒロコさんのさし絵も魅力たっぷりで、とくに子ども達の表情やしぐさが生き生きと描かれ、結衣の気持ちが1つ1つ手に取るように伝わってきます。

さて、結衣とかあさんは、離れかけた心をどんな風に通い合わせるのでしょうか?
その通わせ方には、ことばを超えた深い母子のつながりを感じます。同時に、かあさんがもつ大きな愛情に圧倒されてしまいました。

絵本から読みものへの架け橋となる低学年向けシリーズ「おはなしいちばん星」の第5弾。ぜひ親子で読んで、お子さんと感想を交流してみてほしい作品です。


(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

かあさんのしっぽっぽ

出版社からの紹介

和菓子屋を切り盛りしていそがしいかあさんと、結衣はゆっくりはなす時間もありません。
それどころか、今日は苦手な五右衛門風呂の掃除を言いつけられ、結衣はいやで仕方ありません。
手抜きでささっと仕上げたのですが、かあさんに見抜かれてしまいます。
こわーい怒り顔のかあさんを見ていると、かあさんの顔がキツネにみえました。
もしかしたら、学校でやる民話ミュージカルのように、かあさんはキツネに食べられたのかも、と思い始め……。
いそがしいかあさんと結衣とのすれちがいとふれあいを、あたたかく、ユーモラスに描いていた低学年向き読み物です。

ベストレビュー

わたしのお母さんもキツネかな?

結衣がお母さんに「ハイは1回」と言われるのは
わたしと同じかなと思いました。
結衣はたくさんおてつだいしててえらいなと思いました。
なぜかというと、わたしはおふろあらいしかしないからです。
結衣がつかっているおふろは、ごえもんぶろなので
ゆぶねのまわりにあたるとアチッとなってかわいそうでした。
でも、少しだけごえもんぶろに入ってみたいです。
結衣は甘美の子どもやくがやだといっていたけれど
わたしはコンコンダンスをおどってみたいです。
わたしのお母さんもキツネだったらどうしようと思いました。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

村中 李衣さんのその他の作品

たなばたのねがいごと / 保育をゆたかに絵本でコミュニケーション / マネキンさんがきた / よるのとしょかんだいぼうけん / 春夏秋冬 自然とつきあう! / 日本語 ことばは時をこえる!

藤原 ヒロコさんのその他の作品

きみちゃんとふしぎねこ / サイアク! / まいごのアローおうちにかえる / みんなに知らせる / ラブレターを書こう / なんかヘンだを手紙で伝える



ママ・パパが感動で涙。全米100万部突破の絵本、ついに邦訳!

かあさんのしっぽっぽ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット