もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あひるの手紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あひるの手紙

  • 児童書
文: 朽木 祥
絵: ささめや ゆき
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2014年03月30日
ISBN: 9784333026449

小学校低学年
200×160mm/64ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

一年生のクラスにふしぎな手紙が届きました。たった一言「あひる」と書いてあります。だれから来た手紙でしょう?みんなはどんな返事を書くのでしょう?ある青年と一年生との文通をほのぼのと描いた幼年童話。

ベストレビュー

おてがみは うれしいな

 ある小学校の一年生のクラスに手紙が届きました。元気いっぱいの字で「あひる」とだけ書いてあります。この不思議な手紙は、なぜこのクラスに届いたのでしょう?謎は、まもなく解けました。子どもたちは、その差出人と文通を始めます。

 この物語は、一年生の子どもたちの、手紙をめぐる、可愛いやりとりが中心です。

 でも、その奥には、同じ地域の人が「共に生きる」ということ、我が子の成長を願い、見守る母の気持など、深い意味もさりげなく込められています。

 難しいことは何一つ書かず、小さい子どもが読んで楽しめる物語でありながら、いわゆる「ノーマライゼーション」が描かれているのは見事!

 本当にあったエピソードをきっかけに創作されたお話だそうです。心が温まり、楽しく、明るい気持になれるお話です。ささめやゆきさんの素朴な雰囲気の挿絵も、このお話にぴったり。おすすめです!
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


朽木 祥さんのその他の作品

バレエシューズ / 八月の光 失われた声に耳をすませて / まんげつの夜、どかんねこのあしがいっぽん / 花びら姫とねこ魔女 / 光のうつしえ 廣島 ヒロシマ 広島 / ポプラ文庫 引き出しの中の家

ささめや ゆきさんのその他の作品

But と Or リノリウム版画集 / 徂徠どうふ / ジグソーステーション / スペイン・カタルーニャのむかしばなし まめつぶこぞう パトゥフェ / かわいいおとうさん / 子どもつなひき騒動



『あの日からの或る日の絵とことば』 荒井良二さん、筒井大介さん インタビュー

あひるの手紙

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット