話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
じてんしゃこぞう

じてんしゃこぞう

作: もり ひさし
絵: 菊池 貞雄
出版社: Gakken Gakkenの特集ページがあります!

税込価格: ¥1,068

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784051044183

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

じてんしゃがふんわり空を飛ぶ!?

30年近く前に初めて読んで、まず心ひかれたのはじろうの部屋。こういう何でも作ったり、発明したりする部屋が欲しかった。当時、自分の部屋なんて、よほどお金持ちでなければなかったし、こんなにちらかしていたら、さぞ親に怒られたことだろう。

がんばりやで明るいじろうが、なんとか補助なし自転車に乗ろうと、発明をしていくのが楽しい。風船をくくりつけて飛んだり、プロペラをつけたり。大人になって読むと、「これは物理的に不可能!」と笑えるが、子供にはたまらなくうらやましく、自分も作りたくなると思う。

じろうはお話の中では年齢が書かれていないがおそらく小学校低学年。この本は次男が幼稚園年中のころ、一番よく読んだ。
(Naoはるいちごさん 30代・ママ 男の子12歳、男の子9歳、女の子4歳、男の子2歳)

関連記事

出版社おすすめ




人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

じてんしゃこぞう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら