新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
新版 わたし クリスマスツリー

新版 わたし クリスマスツリー

  • 絵本
作: 佐野 洋子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

【※レビューの一部は、1990年初版刊行『わたし クリスマスツリー』、
2006年初版刊行『新装版 わたし クリスマスツリー』につけられたものですが、
2023年10月刊のこちらの新版に転載させていただいております。】

中面を見る

作品情報

発行日: 2023年10月26日
ISBN: 9784065332801

36ページ

出版社からの紹介

続きを読む

ベストレビュー

じんとくる絵本

クリスマスの素敵な絵本を探していて出会った本です。
佐野洋子さんの絵本ということで、期待をして読み始めました。
読み終わって、さすが!!と思いました。
街で素敵なクリスマスツリーになりたかったモミの木、根っこを抜いて一生懸命走る様子に、なんとか望みが叶えばいいのに・・・
列車に乗り遅れ、泣きながら元の森へ帰って来たモミの木を優しく迎える動物、木に心が温かくなりました。
動物達のクリスマスツリーになったモミの木。最後はみんなで静かにクリスマスの歌を歌いますが、どんな気持ちだったのかな?

モミの木が自分の姿のようにも思えるし、また自分の子供のようにも思え、森の動物達の気持が親心に感じ、味わい深いです。
クリスマスの名作絵本といっても良いと思います。
(みるぴんさん 30代・ママ 男の子1歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,320円
1,430円
1,650円
1,496円
1,650円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

6,160円
770円
495円
880円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

新版 わたし クリスマスツリー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら