新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
魔法のベッド(1)

魔法のベッド(1)

作: メアリー・ノートン
絵: 三木由記子
訳: 八木田 宜子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

税込価格: ¥682

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1981年08月
ISBN: 9784061470750

ページ数:230

出版社からの紹介

プライスさんは魔女なのです。まだ勉強中ですけれど、ほうきに乗って空がとべるし、すてきな魔法もつかえるんです。そのひみつを知っているのは、ケアリイ、チャールズ、ポールの3人きょうだいだけ。そこで、ある日、4人はこっそり、魔法でぼうけん旅行にとびたちます!

ベストレビュー

続きが気になります

私が一時期収集していたメアリー=ノートンの本です。

おばさんの近所に住むプライスさんが、魔女修行をしているというのがワクワクします。

ベッドの丸飾りに魔法がかけられて、飛ぶことがでたきとしたら?一体どこへ飛びたいと思いますか?

三人姉弟のベッドの行き先にまつわるやりとりには、姉と弟の微妙な力関係なども反映されていて、おもしろかったです。

魔法のベッドの行き先にハラハラドキドキとしました。

このお話、2では過去へ行くそうです。

どうして、2も買っておかなかったのかな?

いかにも続きがある書きぶりなので、続きが気になってしまった私です。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

792円
770円
1,760円
1,430円
1,430円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,430円
2,200円
330円
1,980円

出版社おすすめ




ディズニー映画『アナと雪の女王』10周年 本の世界に踏み出そう

魔法のベッド(1)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら