これなんなん? これなんなん? これなんなん?の試し読みができます!
作: くりはらたかし  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
タヌキの島に流れ着く、さまざまな人間の道具。何に使うもの? タヌキたちは物知りな長老に質問しますが、長老の答えは…?

あかいえのぐ」 みんなの声

あかいえのぐ 作:エドワード・アーディゾーニ
訳:津森 優子
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月01日
ISBN:9784907613013
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,065
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たすけあう

    家族で助け合うことの素晴らしさがあり、ほんとうに胸をうちました。こどもたちはどうかわかりませんが、どうしても親の目線で読んでしまうので、じーんときちゃいます。こどもたちの協力も、母親の存在も、、、。家族ってなんだろう、と思っちゃいます、。自分が好きな事を続ける力もたいせつですよね。地味な本ですが読む価値ありです。

    投稿日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • つづきを読みたい

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     うかつにも涙を落としそうになってしまった。
    アーディゾーニの絵のためだけではない、絵描きのくらしに。
    絵描きのくらしは誰もが知る話?
    家族の内にはかけがえのない夢があるのか?ないのか?
    それをしみじみと、何となく偏見も含めて
    うっすら垣間みることができたように思う。
     とても現実に近い絵本の内容に、驚いている。
    だからハッピーエンドが今度は絵本らしくないって思ってしまった。
    一家の大黒柱のお父さん、
    紅い絵の具、もう一本の紅で一体何を描いたんだろう?
    ほんとうは「つづく」じゃないの?
    アーディゾーニさん!
    感謝

    投稿日:2015/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • すばらしい、すばらしい!

    奥さんと3人のこどもたちと一部屋だけのアパートに住みながら絵を描き続ける絵描きさんのおはなしです。
    絵で生計を立てるのは厳しく、家族も苦労の連続なのですが、健気な子どもたちがハッピーエンドをもたらします。
    はじめは反対するも、子どもたちの影響で意見をかえるおじさんの言葉「すばらしい、すばらしい!」が、なんだかとても心に残りました。
    一見地味なのに、表情やその場の空気までを描いているような挿し絵は、本当に素晴らしいと思います。大人も感動できるお話になっていると思います。

    投稿日:2014/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • その日を信じて…

    才能があるけれど、売れない画家、そして一家の主。
    そんな夫の夢を応援したい気持ちはあっても、幼い子どもをもつ母親としては、気持ちは複雑です…。

    ふたりの心情を察した子どもたちは、一生懸命知恵を絞り、なんとかしようと必死で頑張ります。
    その姿が健気で、胸が熱くなりました。

    応援する立場より、みんなに負担をかけながら頑張り続ける方が、私は苦しいと、感じました。
    私がこの父親なら、夢をあきらめてしまうかもしれないです。

    「その日を信じること」
    どれほど大変で、難しいことだろう…と思いました。

    投稿日:2016/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • あるところに絵描きがいました。一部屋だけのアパートに、おくさんと三人の子どもたちと5人で住んでいました。絵は売れず、家計は火の車。でも、なんとかやりくりして、みんな仲良く暮らしていました。

    でも、とうとう、どうにもならない日がやってきました。食べるものにも困り、絵の具を買うお金もありません。「あかいえのぐ」があと一本あれば、傑作が完成し、絵を買ってくれる人がいるというのに・・・。

    今までにない危機を迎えた次の朝、思いがけない贈り物が届き、一家は窮地を脱出します。贈り物は、食べ物と「あかいえのぐ」!このことがきっかけで、絵描き一家にはうんがむいてきます。絵描きにはお金持ちのおじさんがいたのです。おじさんの会社を継いでほしいという願いを振り切ったため、絶縁状態になっていましたが、おじさんはこの家族のことが気になり、見守っていたのですね。

    貧しくとも、自らの心の願いに忠実に生きてきた絵描きの生き方は、アーディゾーニの描く他の絵本の主人公たち(船に乗るチムや時計を作るジョニー)が、好きなものに邁進していく様子を思い出させます。「自分の好きなことを大切にする生き方」というのは、アーディゾーニの子どもたちへの強いメッセージではないでしょうか。

    物語の最後の方で、絵描きは、絵がどんどん売れ、お金持ちになり、有名になり、田舎に別荘を持ち、大きな車で家族を別荘に連れていきます。「な-んだ、立身出世の物語になっちゃうの!?」とちょっとがっかりしかけましたが、次のページで、相変わらず一部屋のアパートで慎ましく暮らしている一家を見て、ちょっと安心しました。

    あ、もちろん5人家族なのですから、もう少し広い家に引っ越したらいいと思うのですよ。ただ、あまりに境遇が変わって、彼の生き方にブレがでないか一瞬、心配しただけです。余計なお世話ですよね(笑)。貧しい絵描き時代を支えたおくさん、子どもたちもとてもステキでした。

    投稿日:2014/07/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 画家のお父さんのために

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子18歳

    チムの冒険シリーズの作者の作品です。
    原題は『SARAH and SIMON and NO RED PAINT』。
    そう、サラとサイモンの活躍ストーリーなんですね。
    貧しい画家一家は、狭いアパートに住んでいるのです。
    画家のお父さんと、お母さん、娘(サラ)、息子(サイモン)、赤ちゃん(リチャード)。
    貧しいがゆえに、サラとサイモンは家事や仕事を手伝いますが、
    とうとう、お金が尽きてしまうのです。
    必死で稼ごうとするサラとサイモンの姿がけなげです。
    でも大丈夫。
    子どもながらに懸命に父の仕事を支える姿に、救いの手が差し伸べられます。
    貧しくはあっても、誠実にいきようとする一家の姿が美しいです。
    デッサンのような絵に単色で彩色しただけの地味な作品ですが、
    独特の空間、表情まで感じられるから不思議です。
    やや長い文章で地味な作品ですが、じっくりと読めば味わい深いので、
    子どもたちには読んで聞かせてあげてほしいです。
    小学生以上くらいからでしょうか。

    投稿日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤い絵の具は命の色

    赤い絵の具のプレゼントで、芸術家として認められたお父さん。
    素晴らしい起死回生の物語です。
    でも、子どもが三人もいて画家を志すお父さんも、それを支える家族も大変だと思います。
    結果的には良かったけれど、おじさんの理解を得られずに選んだ道の苦難は大変でした。
    アーディゾーニは、物語も絵も味わい深い作品を書くものです。
    タイトルとはつながらない、単色カラーで、絵画とは距離感のある絵が、逆に効果的だと感じました。

    投稿日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.25)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット