宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

たんぽぽはたんぽぽ」 みんなの声

たんぽぽはたんぽぽ 作:おくはら ゆめ
出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年04月
ISBN:9784477028132
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,709
みんなの声 総数 54
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • なにもかもがキラキラ! 受賞レビュー

    魔法みたいな絵本です!
    読むと からだの中がポカポカしてきて
    なんでも出来るぞって気持ちになっちゃう!
    この気持ちは、そう、まさに春!!

    たんぽぽは たんぽぽ
    たんぽぽは たんぽぽ
    たんぽぽは たんぽぽ

    応援しているのかな?それとも、おまじないの言葉かな?
    わからなくたって、楽しい気持ちになるから不思議!
    これはきっと、心が喜んでいるんだなあ。

    たんぽぽは花、ありんこは虫、ねこは動物、すずめは鳥、たろうくんは人間。
    でも ゆめさんの描く世界では、
    みんな同じ「いのち」として そこにいるような気がするのです。

    たんぽぽの黄色も、ありんこの触角も、ねこのひげも、すずめのクチバシも、
    それから たろうくんのウインクも、なにもかもがキラキラしています!

    もじもじしていた たろうくんが、

    たろうは たろう
    たろうは たろう
    たろうは たろう

    とみんなに囲まれて、ウインクをする。
    それから、もっともっとって背中を押されて、
    ついにでんぐりがえりをする。
    この場面が、なんとも良いのです。

    みんな生きていて、お日様が照っていて、ぽかぽかとあたたかい
    すごい絵だなあ、すごい幸せな絵だなあと、ただただ感動します。

    投稿日:2016/03/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • 春の暖かさと、少しの緊張と・・

    たんぽぽはたんぽぽ
    たんぽぽはたんぽぽ

    なんだか何かの呪文のようです。
    草花も動物たちも虫もそしてたろうくんも・・
    みんなが耳を済ませれば同じ仲間なんだと感じさせてくれるようなそんな温かさがこの絵本にはあります。

    そして、ここに出てくるたんぽぽはたんぽぽ、すずめはすずめ、ありんこはありんこ・・
    このフレーズって、春の暖かさと共に感じる、緊張の春にもぴったりなフレーズだと思います。
    誰しも緊張の春。

    少しこんな風に、わたしはわたし・・ぼくはぼく・・って呟いてみれば、なんだか元気になれそうな気がします。

    優しい素朴なイラストで心が落ち着く絵本です。

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 娘はしっかり春を感じています!!

    たんぽぽも、すすずめも、ありも、そしてたろう君も
    みんなすごくノビノビとダイナミックに描かれていて、
    まさに春ですね!

    5歳の娘は「たんぽぽはたんぽぽ」「たろうはたろう」と
    大きな声を出して読んでいます♪

    子どもって、すぐに絵本の世界に入っていって、
    ありさんにも、スズメにも、たんぽぽにもなれちゃうんですよね〜!!
    楽しそうに笑いながら読んでいますよ♪

    今は3月中旬で間もなく春がやって来ますが、
    娘は一足お先に、この作品を読んで春を感じています!!

    投稿日:2016/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • どんどん声かけて 受賞レビュー

    元気一杯咲くタンポポに、春らしさと
    力強さを感じながら
    たろうくんの可愛さと、頑張りに
    胸がなんだかあったかぁくなりました☆

    みんなの声を聴いてみよう
    みんなに自分の声を届けてみよう

    春は、これから入園、進級、入学と
    新しい場所に
    新しい出会いに
    胸がドキドキしている子供たちにぴったりなお話だと思います!
    ぼくはぼく!
    わたしはわたし!
    皆で元気よく挨拶して、どんどん皆と仲良くなれると楽しいね☆



    投稿日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • あー 幸せ♪

    • 若葉☆さん
    • 40代
    • せんせい
    • 東京都

    「わたしは わたし」
    読み終えて心にうかんできたのは この言葉でした。
    わたしは わたしで 幸せだなーって。

    読み聞かせると、子どもたちは 繰り返しの言葉を
    自然と声にだしてくれました。

    すずめも、たんぽぽも、ありんこも、ねこも、たろうくんも、
    みんな それぞれの 命を ちゃんと生きている。
    そのことが嬉しくて「あー 幸せ♪」って思ってしまうのです。

    地面に描かれている 草花や小石、
    ダンゴムシや ありんこたちも魅力的です。
    庭にでて、しゃがみこんで、ありんこを探しちゃいました!

    今年もまた春がきますね。
    春になったら『たんぽぽはたんぽぽ』 あー 幸せ♪

    投稿日:2016/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいです!

    おもしろいです!
    動物や植物、それぞれが、はげましあっている感じ。
    元気がでます。

    この世界観を、幼い子どもにも是非伝えたいと思いました。

    ただ、それを大人は感じ取ることができるけど、幼い子には、もう少しだけ、説明的で分かり安くてもいいかなと思いました。

    投稿日:2017/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春に出合いたい絵本

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子17歳、男の子14歳

    たんぽぽはたんぽぽ、はい、そのとおり。でも、この本を読むと、たんぽぽだけができること、これぞたんぽぽらしさ!と言えることが、思いっきりえがかれています。
    春になったよ!みんな自己紹介をしよう!みんなよろしくね!なんてことばはどこにも書かれていません。相手の名前を「〜は…」ってくりかえしてよびかけるだけ。そのよびかけに、だんだん元気がわいてきて、自分らしさを発揮できる。なんてすばらしい世界でしょう。
    大きいものから小さいものまで、みんなそれぞれ誇れる「らしさ」があるってことを、絵を通して感じます。そして、読みながら、自分にもあるかな?あるよね?みんなに見せたいな!って気持ちになります。
    これから一歩前に踏み出そうとしているあらゆる人に読んでもらいたい一冊です。

    投稿日:2017/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春のぽかぽかあたたかさ

    なんだかとっても気持ちのよい絵本。
    すずめさんのおしゃべりをそっと聞いてみる、
    次はバトンタッチしたタンポポ、
    ありんこへ、ねこへと続きます。
    ラストはたろうくんですが、、、
    首を傾げたみんながとてもかわいいですね。
    そして大喜びのみんなの絵が元気いっぱいです。

    投稿日:2016/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春を待つ季節にピッタリです。

    絵の具で描かれた水彩画の雰囲気と
    繰り返される言葉が詩のようなお話です。
    起承転結といったストーリーは感じられません。
    ですが今の季節にピッタリです。
    読み終えて、
    子供たちが幼稚園で生活発表会でしていた
    短いセリフの劇のような印象を受けました。
    一生懸命おぼえて練習して
    何人かで同じセリフを言ったりしていたこと。
    幼稚園児ぐらいなら
    この繰り返しの言葉が印象に残って
    口に出して言ったりするかな。。
    孫もいる世代になった私ですが
    そんな感想を持ちました。

    投稿日:2016/03/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春の自然と戯れる

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    3歳の次男に読みました。

    ストーリーのあるお話ではなく、タンポポやスズメやアリなど、自然の中に存在する者たちに改めて気付き、そしてそれと戯れる喜びを表現しているようです。

    なんだか野原に出て地面や空をじっと見てみたくなる絵本でした。でも息子はピンとこなかったようです。好みが分かれるかもしれませんね。

    投稿日:2016/03/16

    参考になりました
    感謝
    0

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『焼けあとのちかい』<br>半藤一利さん 塚本やすしさんインタビュー

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット