新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ

サンタパスポート」 みんなの声

サンタパスポート 作:のぶみ
出版社:サンマーク出版
税込価格:\1,320
発行日:2016年11月01日
ISBN:9784763135780
評価スコア 3.8
評価ランキング 41,357
みんなの声 総数 4
「サンタパスポート」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おばあちゃんのための絵本?

    一見何だかいい感じの話にまとまっているようですが…色々と突っ込みどころ満載な気がします。

    まず、「良いことを100個すればプレゼントをあげる」など、恐ろしい条件付き愛情のように私は感じてしまいます。
    サンタクロースは、超人的な存在です。良いことをすればごほうびをあげるなどという了見の狭い存在ではないと思います。全ての子どもたちは、その行いに関わらずひとりひとり価値ある存在だと認められるべきです。サンタクロースという無償の愛の象徴が、世俗的な価値観に貶められている気がして、このサンタパスポートのシステムはどうも苦手です。

    それはさておき、初めはプレゼント目当てで良いことをしようとしていた主人公は、周りの人々の喜ぶ姿を見て、良い行いそのものに喜びを見出だしていきます。動機は不純でも、そこから大切な学びを得る。それは素敵な成長だと思います。

    ところが、そこに絡んでくるおばあちゃんが曲者ですね。
    喜ばないのは百歩譲って良しとしても、手を貸そうとしている幼い孫に向かって「いま あんたのこと ムシしてやってんの。ヘッヘーンだ!!」なんて言う?何か抱え込んでいるものがないか、おばあちゃんの精神状態が心配になるレベルです。主人公が怒るのも無理はありません。
    それにしても、このおばあちゃんの精神年齢の低さ、幼稚園児とおぼしき孫と同レベルです。
    これが主人公と同じ年頃の子どもでしたらこのようなぶつかり合いも良く、爽やかな読後感になりそうなのですが、絵本でいい大人と幼児とのこのようなやり取りを見せられるのは違和感しかありません。

    お母さんの言葉遣いも気になりますね。「それくらい じぶんで よめないの?」「あのこ…ぜんぜん あったまよくない!」こんな言葉を子どもに向かって日常的にカジュアルに使うお母さんが「普通」という感覚だとしたら恐ろしいです。「頭」を「あったま」という口語でわざわざひらがなで表記するのも品が良くないです。

    全体的には、ラストで贖罪を求めるおばあちゃんとその願いが叶うシーン、全てはここに行きつくためのストーリーだったのではないかと感じられました。
    そうなると、この絵本を求めているのはこのおばあちゃんのような大人でしょうか?
    幼児向けの絵本に仕立てる必要性は全くないかと思います。
    多くの子どもはシール集めが好きかもしれませんが、付録的に見返しに印刷されたサンタパスポートが子どもの気を引くためのアイテムにしか見えず…そのようなものでごまかさないでほしいです。

    投稿日:2020/06/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素敵なお話

    のぶみさんのお話は、最近ちょっとなーと思うものが何冊かあったのですが(ごめんなさい)、これは良かった!

    いいことを100こしないとサンタさんはきてくれないと、サンタパスポートに100こシールを集めようとするかんたろうくん。初めはちょっとズルなんかしちゃうんですが、ちゃんとこのサンタパスポート、ごまかしがきかないんです(笑)

    最後にシールを集めることより、人が喜ぶことに喜びを感じるようになったかんたろうくん。良かったー。

    これからクリスマスまで100こは無理でも、何個かはいいことできそうですよ。ちょっと困ったお子様に(笑)うちもですが・・・。

    投稿日:2018/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 単純にシール集めは、嬉しい!

    サンタパスポートに、100個いいことをしてサンタシールを集めるのは大変だけれど、単純にシール集めは面白いし、楽しいし、集まる喜びを感じるだろうなあと思いました。かんたろうがおばあちゃんを喜ばす気持ちは、シール集めの為だけでなくやさしい気持ちからで、サンタパスポートを破ってしまった時には、泣けました。おばあちゃんは、人に頼らずに生きてきたから何かしてもらうのが恥ずかしかった理由に・・・・・・・私なら、孫には素直に甘えるだろうなあ・・・・・・・    かんたろうは、世界一やさしかったのをサンタさんがみていてくれて、クリスマスプレゼントが届いてよかったです!

    投稿日:2018/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • クリスマスシーズンにぴったり!

    本日クリスマスイブに6歳幼稚園年長さんの娘と一緒に読みました。
    子供にとって「クリスマス=プレゼントがもらえる日」というイメージがやっぱり大きいですよね(笑)。
    サンタパスポートなんてあったら,やっぱりシールを集めるのに必死になってしまうだろうなと。
    でも,かんたろうのように真の思いやりや優しさを学ぶこともありますね!
    タイムリーな本で親子で楽しめました!

    投稿日:2016/12/24

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

とこちゃんはどこ / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / にじいろのさかな / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット