アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ねこのピート クリスマスをとどけよう」 みんなの声

ねこのピート クリスマスをとどけよう 作:エリック・リトウィン
絵:ジェームス・ディーン
訳:大友 剛
文字画:長谷川 義史
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2018年10月29日
ISBN:9784865491609
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,633
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ピート、プレゼント配り終えました♪

    今日は、クリスマスイブなのに、サンタさんが、風邪をひいてしま

    いました。代わりに、ねこのピートに頼みました。

    ピートは、快く、

    「やってみるよ!」と・・・・・・

    ピートは、「ぼくは ちいさいけれど クリスマスは 幸せを

    届ける日だから やってみるよ」

    初めての試みにも怖気ず挑戦するピートが、かっこよかったです

    勿論、プレゼントを全部配り終えたピートでした♪

    投稿日:2019/08/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今回は、気になる箇所がいくつかありました。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    こういったシリーズの主人公は、たいていサンタクロースと友達設定というのが面白いです。
    ピートの絵本の場合、リズム音楽絵本とでもいうのでしょうか。歌あっての絵本シリーズなので、読み聞かせに使う人はぜひ歌ってほしいです。
    ピートがクリスマスプレゼントを届けるため使った乗り物が、そりでなくて、赤いバスだったのは、なせなのかとか、
    裏表紙の、赤いテーブルに乗ってミルクを飲んでいるのが、ピートだとしたら、このシーンだけ四つ足なのは、作者の方でなにか意図があったのかなど、気になる箇所がいくつかありました。

    投稿日:2019/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さいけれど、やったよ!!

    クリスマス時期は、きっと人気で
    借りられないだろうと思って
    クリスマスが終わってから
    図書館にリクエストしてました

    もうねこのピートシリーズ第5弾
    なんですね!?
    すごいなぁ〜

    楽しい曲付でしょうか・・・
    と、内容は
    お手伝いのおはなしで
    特段、事件も、びっくりすることもなく
    淡々と(笑 サンタさんの仕事をこなす!ピートの姿

    これは、これで、すごいことですね
    電話は、スマホのようですし
    運ぶ道具は、ミニバス!
    現代的で(笑
    イマドキのお子さんには
    すんなり受け入れられるのでしょう

    表情がないように見えるピートなんですが
    そこにまた魅力を感じたりするかもしれませんね

    ネットで曲も聴かせていただきました
    便利なもんです

    投稿日:2019/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタさんに変身

    クリスマスらしい表紙が楽しくて
    プレゼントにすると華やかな感じでした。
    ポップな色と大胆なタッチの絵が目をひきます。
    ねこのサンタさん、お年を召していますが
    ピートと同じような顔つきですね。
    お熱がでて、どうしても出かけられないサンタさんの
    ピンチヒッターになったピートがプレゼントを配達する
    お役目に。
    携帯電話や、配達の赤い車は近代的です。

    投稿日:2019/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ピート,サンタさんに!?

    イラストもとってもキュートな「ねこのピートシリーズ」。
    今回はクリスマスのお話です。
    この絵本,表紙を飾っても可愛いな〜と思いました。
    サンタさんになったピートがまたなんともいいです!
    クリスマスシーズンに読みたい可愛い絵本です。

    投稿日:2018/11/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • とどけよう♪

    『Pete the Cat Saves Christmas』が原題。
    ねこのピートが、風邪をひいたサンタさんのかわりにプレゼントを届けるストーリー。
    歌とおはなしのコラボもする作者ならでは、簡単な歌も繰り返され、
    物語を盛り立てます。
    ちゃんとHPで聞くこともできますので、
    しっかりと仕込んで、小学校のおはなし会で読みました。
    ちょっと冷めた感じの造形のピートですが、
    ストーリー展開が、内面の使命感を盛り立てていて、
    とても素敵です。
    プレゼントを配る子のリスト、いっぱい書かれてあってワクワクしますね。
    日本語版の文字画は、長谷川義史さん。
    手書きの温かさと軽快さを内包した丁寧な字に好感が持てました。
    力強いストーリーに、拍手!
    幼稚園児くらいからでしょうか。

    投稿日:2018/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

全ページためしよみ
年齢別絵本セット