新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる

絵本版 海の見える丘」 みんなの声

絵本版 海の見える丘 作:くすのき しげのり
絵:古山 拓
出版社:星の環会
税込価格:\1,540
発行日:2019年10月25日
ISBN:9784892945960
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,314
みんなの声 総数 5
「絵本版 海の見える丘」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人々の交流から感じる穏やかさ

    何処からかやってきた男。
    近所の人達を助ける度に、家や柵などに色を塗らせてもらい・・・

    何だか不思議な感じのお話の流れでした。
    自分だったら、仲良くなっても、家に色を塗らせるのは・・・と思ってしまいますが、海外では色の塗り替えは割と行われているようですから、舞台が外国らしいということで、それほど違和感はありませんでした。

    ラストは哀しい・・・けれど、最期まで優しさと驚きと感動をくれた男に対しての、町の人達のあふれる思いが伝わってきます。
    描かれている挿絵の優しい色合いも相まって、穏やかな気持ちになれる素敵なラストでした。

    投稿日:2020/03/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人生を俯瞰する

    キャプテンが描いていたのは、町全体を大きなキャンバスに見立てた壮大な帆船の絵でした。キャプテンが町の人との交流を大切にしたのは、自分の絵の一部だったからかも知れません。
    町の人たちが始めてみる自分たちの町に感動するシーンには圧倒されます。
    絵をもって感動を伝えるという、ハードルの高さをクリアした古山拓さんの絵も素晴らしいと思います。
    人生がテーマなだけに、大人に訴えかける絵本だと思います。

    投稿日:2020/02/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人生とは。。。

    デッサン風なイラストが魅力の絵本でもありますね。
    画家というまた少し特殊な職業が主人公ですが、人生において、「自分が納得する生き方を送る」ってすごく大事で、もしかしたらそれこそ人生の目標なのかも知れないなぁと思いました。
    大人になってしまった人こそ、もう一度こういう絵本を手に取ってみるのもいいものです。

    投稿日:2020/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • この本を読ませて頂いて、とても感動しました。これはあらためて人生について考えさせてくれます。私は絵画にひじょうに関心があります。それだけに画家にも強い関心を持っています。このお話の主人公は画家ですが、私はストーリーを読みながら、共感できるところがいっぱいあると思いました。そして人生は素晴らしいとつくづく感じました。この本は何度も繰り返し、読みたくなります。

    投稿日:2022/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもかっこいい人

    くすのきしげのりさんの「5つの風のものがたり」シリーズの1冊目です。
    ある日、港町にどこからかやってきたひとりの画家。その人は「キャプテン」と呼ばれ、町の人々を助けていました。町中の家の屋根を好きな色で塗っていくキャプテンを見て、ふしぎに思っていた町の人々ですが、キャプテンが亡くなった後、その意味を知ることになるのです。
    なんて素敵な生き方なんだろうと感動しました。物静かに微笑むキャプテンは、とてもかっこいいです。

    投稿日:2021/09/23

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?


絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット