オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
梅木水晶さん 40代・ママ

ワタナベさんもそうですが、
本来命を持たないものを擬人化してお話に…

ミシュカ」 みんなの声

ミシュカ 作:マリイ・コルモン
絵:ジェラール・フランカン
訳:末松 氷海子
出版社:らんか社
本体価格:\1,500+税
発行日:1993年11月
ISBN:9784915632938
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,501
みんなの声 総数 7
「ミシュカ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぬいぐるみの くまのミシュカは いばりんぼで おこりんぼの 女の子から 家でして 雪の中を歩いていました

    ミシュカは 女の子のいいなりになるのは  いや! 好きなことをやってみたいと 目覚めたのです
    「もう ぜったい おもちゃの くまなんかに ならないぞ!」そんな決意でした

    雪の森の中で 二羽のガンの話し声を聞きました
    「今夜はクリスマス  今夜は みんなに 何か一つ いいことをしなくっちゃ いけないのよね」

    そこで出会った トナカイ クリスマスプレゼントを 配るお手伝いをするのです

    そして 自分が いいことをすることを 見つけたのです

    ミシュカの 決意  「自分のできる いちばんいいことをしよう」

    ミシュカの優しさが 最高のクリスマスプレゼントになるのでしょうね
    男の子の喜ぶ顔が 想像できます

    クリスマスの大切な 事も教えられました!


    ステキなお話でした(クリスマスの頃に 読んであげたい絵本見つけました)

    投稿日:2018/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • しんみりと心に残る絵本

    くまのぬいぐるみのミシュカが
    わがままな持ち主エリザベットを嫌になって
    家を出てしまう事から物語は始まります。

    「もうぜったいにくまのおもちゃにならないぞ!」
    と言ってたミシュカが
    トナカイのてつだいをする中で
    良いことをする楽しさを知り
    最後に行った家の病気の男の子のプレゼントになって
    くまのぬいぐるみにもどります。

    自由にすることは楽しいけれど
    それ以上に誰かのために生きることの素晴らしさを教えてくれます。

    しんみりと心に残るクリスマスの絵本
    まだ、少し難しいかなと思いましたが
    それから、毎年
    小学生になっても手に取って見ていました。

    投稿日:2013/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • じ〜んとします!

    息子が図書館から借りてきた本ですが・・・
    クリスマスは、プレゼントをもらったり、
    ケーキをたべて楽しくすごす日だと、思いがちですが、
    でも本来のクリスマスは・・・。
    その事をさらりと書き下ろした、クリスマス絵本。
    かわいいくまのぬいぐるみ、ミシュカの行動に
    クスッと笑ったりしながら、ラストの方は
    涙が出そうなくらいに感動しました!
    これからは誰かを幸せにするように、
    そしてミシュカ自身も幸せに暮らせるように願わずにはいられない、
    素敵な素敵なお話しでした。

    投稿日:2008/10/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙がでそうでした

    NETのお友達のオススメで読んでみました。
    最初はちょっと間延びする感があったので
    娘は途中でリタイアしてしまいましたが
    私は読み進めるにつれてどんどん惹きこまれていきました。
    本来クリスマスには“何か一つでもいいこと”をしなきゃいけないということを知ったミシュカが最後のページで
    大きな決断をする場面に涙が出そうでした。

    “ミシュカは おおきく息をして

    あたりのけしきを 忘れないように みまわしました”

    というフレーズがたまりません!!!
    シンプルだけどその分伝えたいことがストレートに伝わってくる、そして優しい気持ちでクリスマスを迎えられそうな絵本です。
    ルビをふってあるけれど内容からして年長さん〜小学校低学年くらいからが適年齢でしょうか。

    投稿日:2007/12/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • じわーっとしみてきます

    今年、一番心にしみた絵本だと思います。

    いばりんぼのエリザベットの家から逃げたした、クマのぬいぐるみのミシュカ。
    「もう 絶対 おもちゃには ならないぞ!だれが なんていったって!」と高らかに宣言します。森の中で気ままに生きるのはとても楽しい。でも、ひょんなことから、クリスマスプレゼントを配るお手伝いをすることに。最後の1件というところでプレゼントが全部無くなってしまい…。

    「大きく息をして、あたりの景色を忘れないように みわたしました。」
    ここから後が、じわーっとしみてきますよ、心の深いところに。

    小さい子に読み聞かせるとき、「死」と「自己犠牲」のものは避けた方がいいと聞きます。この絵本も、もしかしたら「自己犠牲」に片足つっこんでいるかも知れないけど、絵の暖かさ、文章の美しさなど、プラス面が勝っているので、大丈夫かな…なんて思いました。

    投稿日:2004/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隠れたクリスマスの名作

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     大切にしてもらえなかったので家出をしたくまのぬいぐるみミシュカ。森の中で一人旅をしている途中、クリスマスのプレゼントを配るトナカイに出会います。トナカイのお手伝いをしながら、ミシュカはクリスマスイブの自分の役割を見つけるのでした。
     前半の展開が少し長いかと思いましたが、最後、クリスマスのメッセージはこれ以上はないというぐらいストレートに伝わります。こんなに素敵なクリスマス絵本があったんだ…と胸が熱くなりました。ぬくもりのある木炭水彩画が味わい深いフランスのクリスマス絵本。あまり知られていない作品だと思います。好きだった表現はトナカイの描写「…すんだ目には、この地上ではけっして見られないような光をたたえていました」というところと、最後の2行「片方のくつの中にすわって、ミシュカは朝を待つのでした」。最初の女の子の部屋と最後の男の子の部屋、その中のミシュカ…イラストではこの見開き2ページの部屋の描写が目を引きます。もちろん、これ以外のミシュカも十分可愛いですけれど。

    投稿日:2002/11/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒い冬には心暖まる絵本

    「しあわせをつかむために、みんながどんなふうにがんばっているか、みてこい。」と、おじいさんにそう言われて、はりねずみのミシュカは旅にでます。家出したぬいぐるみのくまミシュカは、森で楽しく過ごします。そして、クリスマスに自分のできるいちばんいいことをしようと決心しました。幸せというのは物では解決できないんだ、と感じることが出来るよう願う絵本でイラストがほのぼのとして、ゆるやかなタッチがすごくいい。
    子どもたちにクリスマスまでには、贈りたい心暖まる絵本です。

    投稿日:2002/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / いちご / がたん ごとん がたん ごとん / へんしんトンネル

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本


「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット