新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

みんなのためいき図鑑」 みんなの声

みんなのためいき図鑑 作:村上 しいこ
絵:中田 いくみ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
税込価格:\1,320
発行日:2021年07月21日
ISBN:9784494020706
評価スコア 4.5
評価ランキング 8,838
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 斬新で面白い!!

    題名を含めて、とても斬新で面白い本に思いました。
    「みんなのためいき図鑑」、どんな時に人はため息をついているのでしょう。
    自分がため息をつく時ってどんな時だろう・・と改めて考えてしまいました。
    共感できる部分も多いですね。

    投稿日:2022/06/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • ためいきを味方につける。

    大人的視点では読みようによってはイマジナリーフレンドの話とも取れる。でも、この作品は現実逃避ではなく、現実と対峙する勇敢な小学生の話。「ためいき」を味方につけて、問題を乗り越えていく展開は、とても頼もしい。
    しかも、「味方に付ける」と言っても、具体的に何かをしてくれるわけではなく、主人公たちの「話の聞き役」をすることで彼らの思考を後押ししている、というのがステキ。

    それにしても、登場する小学生の思考力や語彙力の高さに驚かされる。小学校中学年以降ともなると、こんなに物事を多角的に捉えて精神的に大人なのだろうか。(もちろん、悪い意味でも)。
    アタマが良すぎるんでは、とも思った。

    一方で、「子供は親を選べない」苦痛もしっかり子供視点で描かれていて、子育て中の親としては複雑だ。
    それも含めていい作品だと思う。

    投稿日:2022/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私はこの本を読ませて頂いて、とても感動しました。これはひじょうに面白くて、決して飽きさせないお話だからです。どんな時にヒトがためいきをつくのかという発想はとても面白いと思います。私は昔からそんな人間観察が大好きなのです。この本は素晴らしいの一言に尽きます。

    投稿日:2021/08/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おおきなかぶ ロシアの昔話

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット