新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

しずかな日々」 みんなの声

しずかな日々 作:椰月 美智子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格:\1,540
発行日:2006年10月02日
ISBN:9784062135870
評価スコア 3.8
評価ランキング 40,197
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 人生、毎日は意外としずかに過ぎていくもので、そうドラマチックなことはそうそうない。
    そのしずかな日々にこそ、愛おしさが溢れている。
    過ぎ去ってみれば、それは輝かしくさえ思える。
    本としての物語だからって、何か劇的なことが起こる必要もない。
    子供にだって、反抗的な子もいれば、物分かりの良い子もいれば、現状を受け入れざる負えない子もいる(良い子として心を押し殺している場合だってある)。
    私はこの物語はこの物語で、「しずかな日々」として素晴らしいと思った。

    投稿日:2020/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人生は劇的ではない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    淡々と、タイトル通りにしずかな日々って思える話でした。
    いやー、たしかに劇的な人生ばかりではないのでしょうけど。
    これはこれでいい話なのだと思うのですが、私の好みとしては…。
    友達の押野くんがめっちゃいいこですねー。

    投稿日:2017/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひと夏の物語

    いわゆるひと夏の物語パターン。男の子編。現代軸(異世界に紛れ込むファンタジー軸も多いので分けてみた)
    夏休みを主にしたお話は大好物でよく読むが、比較対象がたくさんあるだけに辛口になってしまう。

    お話は男の子らしくて一気に読んだが、薄っぺらく琴線に触れてこなかった。
    人生は劇的ではない。
    言いたいことはよくわかるし良いのだけど、もうひとひねりないと生きてこないんじゃないかなあ。
    主人公の気持ちも丁寧に描いているが、使い古された舞台と夏休みの出来事に目新しさがなく、どうしてだろう深く潜っていけなかった。

    『西の魔女が死んだ』に代表される、田舎の生活で子供本来の力が目ざめていく、みたいなことを描きたかったのだろうか。それにしてはためらいがなさすぎ、なんでも受け入れられる良い子になってしまっている。
    こんな子がいたら、私なら本心がどこにあるのか要観察です。

    おじいさんと押野がいいキャラクターで、時々笑いが漏れた。

    投稿日:2016/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分を生きる

    突然、自分の祖父だという人の家で生活することになったえだいち。
    父親を知らず、母親とも別れることになったえだいち。
    夏の断片から語られるえだいちの生活ですが、複雑な環境にも関わらず、祖父との生活、友だちたちとの交友がとてもきらめいていました。
    タイトル通り、劇的な日々があるわけではないけれど、自分の境遇を受け止めて、淡々と生きることほど素晴らしいことはないのだと感じました。

    投稿日:2015/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


『きゅうきゅうブーブー』tupera tuperaさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット