なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

むしくいさま」 みんなの声

むしくいさま 作・絵:もうひとつの研究所
出版社:青幻舎
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年11月01日
ISBN:9784861524189
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,226
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 衝撃の一冊

    パラパラはおもしろいけれど、一瞬だし、買うほどでもないかなあ、と思っていたのを見事にくつがえされた衝撃の一冊です。
    しかも、仕掛けだけでなく、物語としても幻想的で魅力的です。
    むしくいによってあらわれた、むしくいさま。実際、穴があくことで、リアルに、むしくいさまが息づいてくる様子が伝わってきます。
    その後の展開にもひきこまれ、結局、何度も、めくってしまいます。
    小さなページをめくりつつ、大きな物語への扉をあけているような気がする絵本でした。

    投稿日:2015/11/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 昭和の香り

    • マキにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子4歳

    息子は昭和の香りがプンプンする子どもです。
    趣味・虫とり、特技・木登り。
    ポケットからメンコが落ちてきそう。
    そんな昭和な息子のツボにはまったのが、このパラパラブック。
    ゲームをしたことのない息子には、かなり新鮮だったようです。
    原理を教えてやると、早速自分でも作っていました。
    拙いものでしたが、本人は得意気で何より。
    息子に、アニメーションの原型だと教えてやると、興奮していました。
    昔の映画館で映写される短編映画を観ているようでもありました。
    どこからともなく音楽も聞こえてきそう。
    そんな趣のある一冊です。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の好奇心をくすぐる。

    • canさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 神奈川県

    私の孫は3歳(男女の双子)この本を購入し、一緒にパラパラをしました。不思議そうな顔をして見ていました。これを渡すと一人で同じようにやっていました。そのうち一人で1ページづつ開き「ここには虫がいる、ここにはいな〜い」とやっていました。虫食いをパラパラで表現するアイデアに感心しました。
    続編は「1000匹の蟻が象に挑戦する」テーマではどうでしょうか?
    次々に夢が広がる、子供のピュアな好奇心を育む、作品を期待しています。
    追伸:大人が見ても、充分に楽しめる作品だと思います。

    投稿日:2015/11/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の感想はさておき、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    私が個人的に気に入っている絵のタッチです。私は虫が大の苦手ですが、ここに登場するむしくいさまは嫌いじゃない。目から光線の出る所がお気に入りのシーンです。あっという間にパラパラ通り過ぎて行ってしまいますけどね。

    投稿日:2016/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何だか薄気味悪い虫の姿に心持ち引いてしまったのですが、本の虫食いを楽しんでいたら、出来上がっていく土塊の妖怪が虫を食べてしまうという、二段構えの「むしくい」に笑ってしまいました。
    虫を食べて育っていく妖怪の姿も不気味なのですが、コンパクトなサイズだからナットクです。
    怖いもの見たさにとりつかれてしまったら、無意識に何度もペラペラを繰り返していました。

    投稿日:2015/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • パラパラ漫画の絵本。教科書や辞書のすみっこにせっせと描いていた小学生の頃を思い出す。かなり頑張って書いたつもりでも、サイズはきわめて小さいし、パラパラ漫画だからしてその展開はものの数秒。この刹那の極みこそがパラパラ漫画の美学だけれども、そこでこのむしくいさま。ほんの束の間のパラパラに、オカルトとファンタジーがふっと立ち上がり、最後の1枚を終えたあとの何とも言えぬ虚無感がハンパない。パラパラ漫画の無常が完全にパッケージ化されている。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本物みたい!

    現れた虫一匹。
    動きとともに穴が開いていく…
    そして、それだけでは終わらない結末へとつながっていく。
    パラパラ絵本もここまで進化したのですね。まるで、3Dの世界で、感動しました。
    このシリーズは大好きで、ついつい手に取ってしまい、パラパラとやっちゃいます。

    投稿日:2015/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一度では

    6歳の息子、8歳の娘と一緒にパラパラしました。初めて見た時は、息子も思わず「すげぇ」と声にするほど、みんなで驚きました。
    一度では何が起こったのかわからない感じなので、繰り返し繰り返しパラパラします。虫食いの様子がリアルで、なんだかクセになる作品です。
    マッチ箱のようなおしゃれな外観といい、インパクトといい、サプライズでプレゼントしたら喜ばれそうです。

    投稿日:2015/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いです

    虫が本当に動いているような感じですごいですね。びっくりしました。本当にパラパラとページをめくるだけですごい事になってしまっている本で、何度見ても飽きません。この発送もすごいし、本当に虫が、この本の中にいる!!!そんな気がします。

    投稿日:2015/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    はじめてみましたが、素晴らしいです!驚きました。表紙とか虫とか怖いのかと思っていたら、そこには共存して生きる姿が。虫なの?妖怪なの?なんなのだろう?とこちらの興味をくすぐります。自分だけでお話をつくって、じぶんのペースで物語を作る、という面白い本です。

    投稿日:2015/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / チリとチリリ / としょかんライオン / まるまるまるのほん / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん50周年記念連載 第2回 本多慶子さんインタビュー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット