話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ

へんかしら そうかしら」 みんなの声

へんかしら そうかしら 作:内田 麟太郎
絵:高部 晴市
出版社:鈴木出版
税込価格:\1,540
発行日:2020年02月18日
ISBN:9784790254003
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,371
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 間違いなく変です

    子どもの頃に、「したじき」といって大きな舌だけの絵を描いて喜んでいた自分を思い出します。
    言葉いじりで変な絵を描いて満足しているような少年でした。
    でも、こんな発想は今は浮かんできません。
    大人で遊べる内田さんと高部さんは間違いなく変です。
    それもかなり異常に変です。
    「しまうま」にはぎょっとしました。
    お日さまの表情と、険しい表情の魚は夢に出てきそうです。

    投稿日:2020/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「へんかしらそうかしら」と読みながら、変だけど変とは言い切れない絵が次々と登場し、思わずくすりと笑ってしまいました。ダジャレの世界が好きな子にはちょうどよさそうです。我が子は何度も繰り返し読んでいるうちに、自分でも新しいダジャレを考えていました^^

    投稿日:2020/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人のための言葉遊び絵本

    これは何かあるに違いないと思わせられるインパクトある表紙から、ずっと気になっていた一冊。
    内田麟太郎さんの言葉遊びの絵本です。
    かぼちゃ
    ばったー
    ふたこぶらくだ
    ほしうお
    言葉だけ見たら変じゃないのに、イラストを見るとあれれ?
    なかなか高度なので子供が面白いと感じるのは小学校高学年くらいからかな。

    投稿日:2020/07/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • じわりじわり来る

    内田麟太郎さんによる文字遊びの作品です。
    題名が意味深で、文字絵の表紙の雰囲気そのまま、
    何かが変、を体感してください。
    擬人化されたかぼちゃが茶を飲んでいたり、
    バッタが打者(バッター)だったり。
    へんかしら そうかしら の合いの手に導かれ、
    じわりじわりときます。
    ほしうお、しまうまが気に入りました。
    高部晴市さんの絵は多色刷りの版画でしょうか、滋味深い味わいです。
    ネタは意外に高度です。
    小学生くらいから大人まで、じっくり味わってほしいです。

    投稿日:2020/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言葉あそびの だじゃれのおもしろさ!
    「へんかしら そうかしら」 タイトルがおもしろい

    いきなり かぼちゃ (笑えた!〜)
    ばったー (ばったと かぶとむしの野球) 絵がいい味出していて

    気に入りました! 
    ほしうお いいね〜 (へんかしら そうかしら  愛の手がうまい! )
    くも クモ これはまさに だじゃれです
    とびうお 思わず 笑える
    ぼたん きれい! デザインがいいな〜

    ラストは ぎょ! 
    どうしましょ どうしましょ

    笑える! 

    この絵本は おもしろい  
    子ども達に 読んであげたいな〜
    この笑いが わかるかな? 

    内田さんと高部さんがコラボし いい味出してるのが ステキです

    投稿日:2020/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 澄ましたキャラクターたちが笑えます。

    面白いです!
    内田麟太郎さんが好きなダジャレが効いています。
    言葉遊びの楽しさを感じることが出来ます。
    高部晴市さんの澄ました感じのキャラクターたちが、実にいい味を出してくれています。

    テキストが簡潔で余計な解説がないところがすごくいいです。
    読み聞かせにはもってこいだと思います。
    ただ、テキストが短いからといって、あまり低年齢のお子さんたちに読んでも、言葉の意味が分からないと思いますので、お薦めしたいのは、早くても5,6歳くらいから、小学校中学年・高学年のお子さんたちにお薦めします。
    個人的には「かがみもち」と「うでどけい」が好きです。

    投稿日:2020/05/02

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「絵本 チコちゃんに叱られる」シリーズ チコちゃんの「エピソード:ゼロ」のおはなし

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 1
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット