話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

みんなで まもった ひなどり」 みんなの声

みんなで まもった ひなどり 文:唯野元弘
絵:むかい ながまさ
出版社:鈴木出版
税込価格:\1,650
発行日:2013年04月08日
ISBN:9784790250289
評価スコア 3.75
評価ランキング 41,038
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • インドの昔話

    インドの昔話です。大きな湖があって、湖の周りには、たかの親子、ライオン、鳥の王さまのみさご、湖の中の島には、大きな亀が住んでいました。みんなはとても仲良しでいつも助け合って暮らしていました。たかのひな鳥が2羽生まれて、三人の猟師からみんんで協力してひなを守ったお話でした。みさごが羽が焼け爛れて血が滲んでいても、命をかけてもおまえたちの可愛いひなどりを守るんだといったのに感動しました。子育てもやっぱり周りの協力で育っていくと思いました。

    投稿日:2019/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最初はなぁんだって思ってしまいました。というのも、そばで暮らしているのに、鳥の王さまみさごもおおがめもライオンも助けを求めに来なければ知らん顔なの?って。
    最終的にはみんなが協力してひなを助けたという話だと思いましたが、みんなとても仲良しでいつも助け合って暮らしていたというのなら、それぞれが自分の出番だと自ら助けに行ったとした方が自然だと思いました。
    そして猟師も獲物を捕まえて生活しているのだし・・・・表紙のひなのえさとなる生き物だって・・・とも思い、複雑な気持ちです。
    ジャータカの一遍を絵本にしたのだと知り、ジャータカにはどう書いているのかなと思いました。

    投稿日:2014/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 法事に行ったお寺にセットでおいてあったので
    時間をもてあました娘たちに順番に読みました。
    これは、近所の人たちがみんなで子どもたちを
    見守って子育てするというお話と解釈しました。
    オシャカサマもそういうことを薦めているなんてすばらしい!
    娘が小学校にあがって、地域での子育てということの
    重要さを知るようになったので、
    まさにこのお話は、うなずける内容でした!
    子育てを自分だけで抱えないって
    親にも子どもにも大切なことですよね!

    投稿日:2013/04/30

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット