オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
イヨイヨさん 30代・ママ

買わずにおられなかった、オオイシさん
ワタナベさんでハマって、もう本棚いっぱ…

こんとあき」 みんなの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 16
みんなの声 総数 436
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

436件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 林明子さんシリーズで6歳の娘に何冊か読んだものの一つです。こんと一緒に成長するあきちゃんに自分の娘たちの成長を重ねて読んでしまいます。こんが砂丘で連れていかれるときは、突然すぎて「え?!」となってしまいました。そして、どんなときでもあきちゃんを不安にさせないように、大丈夫大丈夫、とおまじないのように唱えるこんが可愛いです。

    投稿日:2019/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 長く読み聞かせたい絵本

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    小さい女の子が電車にのっておばあちゃんのところに行くことに。なんて心細いなのに勇敢なんだろう、二人で励まし合い、助け合い目的地を目指すこんとあき。心から応援したくなります。1歳の子には難しい内容と長さとは思っていたけれど、この本は何度読んでも途中で飽きることなく、最後まで見てくれます。
    だんだん言葉も分かってきて、内容の理解も深くなってきたと思います。また読みたいと思います。

    投稿日:2018/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきちゃんのナイト

    上の2歳の女の子に林明子さん作品の3冊目を購入。

    娘が林明子さんの絵本を凄く気に入っている様でしたので、とても人気作品と聞き、まだ早いかなと思いながらも読み聞かせてみました。

    4歳?が対象年齢ようで、今まで読み聞かせていた絵本と比べ物にならないくらいかなりお話にボリュームがありましたが、娘はとても真剣に聞いておりました。

    まだ絵本の内容を十分には解ってない気もしますが、1日1日日々成長して少しずつ内容を理解している様子も伺えます。

    おちゃめでちょっと頼りない可愛いナイトと、いざとなったら大切な人の為に勇気を振り絞れる女の子の心温まるストーリー、人気作品というのも大納得です( ^ω^ )☆

    投稿日:2018/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきちゃんがなんとも愛らしい

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子5歳

    赤ちゃんとぬいぐるみの遊び方とかサイズ感、大好きすぎていつも一緒だったから、いつの間にかぼろぼろになってしまった様子なんか、うちと同じ!
    すごく親近感を抱きながら読みました。
    ぬいぐるみと一緒に小さなあきが旅にでるんですが、ひとりぼっちになって不安な気持ち、初めての場所にドキドキしながらも興味しんしんな様子、あきちゃんのしぐさと表情がとっても愛らしい。
    現実と想像とが上手にまざって、気持ちを重ねやすい楽しいお話でした。

    投稿日:2018/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな冒険

    女のコ”あき”が、一人で、いえ、ぬいぐるみのきつね”こん”電車に乗って、旅にでかけます。
    その最中に起こる、ささいな、いや、一人旅(二人旅?)する小さな女の子にとっては、とてもドキドキするような事件が起こります。

    聞き手の子どもたちは、女の子と同化して、自分に起こったこととして、ドキドキしながら聞いています。
    ”あき”と一緒に旅をしているのですね。

    投稿日:2017/10/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 電車旅

    こんとあきが電車にのっておばあちゃんの家まで旅をするお話でした。とっても賢いこんのおかげでおばあちゃんの家まで行くことができるのですが、こんは途中で電車のドアにしっぽをはさまれてしまったり、砂丘に埋められたりして、ドキドキハラハラしました。ぺったんこになったしっぽを戻したおばあちゃんの知恵も素敵です^^

    投稿日:2017/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心理描写がすばらしい

    初めてこの本を読みましたが、読みながら、「これは大人が泣いちゃう本だ」
    と思いました。やられました。

    キツネのぬいぐるみのこんと、あかちゃんのときから一緒にいたあき。
    あきがどんなに大きくなっても、こんにとってはあきは自分がまもるもの。
    あきにとっても、こんはいつもいろいろ教えてくれて安心させてくれる存在。
    こんの健気さと、あきが小さなこんを頼りにしている様子が繰り返し
    描かれています。

    クライマックスでは、あきは初めてこんを助け、危機から救い出します。
    一方的に守られる存在だったあきが主体的にうごけるまでに成長するのです。
    また、ラストシーンでこんが「おふろなんか入りたくない」というシーンでは、
    それまでいつもあきを守ろうと頑張っている姿とは別の、素顔が見られます。

    とにかく心理描写がとても見事で感服しました。

    3歳の娘はあらすじを理解したくらいだと思います。
    これから繰り返し読んで、より深く楽しんでもらえたらと思います。

    投稿日:2017/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハラハラするけど温かい物語

    以前から気になってはいたけど、まだ読んだことなかった林明子さんの作品。
    子どもが絵本に興味を持ちだしたので買ってみました。あきちゃんを大切に守ろうとするこんの健気さに心を打たれるとともに、おばあちゃんの家に行くまでの冒険にハラハラさせられました。無事におばあちゃんに会えて、古くなったこんの体の不具合もなおしてもらってほっとしました。
    子どもも買ってからはしばらく、「よんで」とこの本を持ってきてました。思った以上に素敵な絵本でした。

    投稿日:2017/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんの様子が健気です

    生れた時から一緒、生まれたときから見てきた、この二人のきずなが
    すごいです。
    旅行の間中、はらはらどきどきします。
    発車しても、こんが、もどってこなかったとき、
    犬がぱくっとくわえていっちゃったとき、何度読んでもあーあと思ってしまいます。
    おばあちゃんは、たのもしいお医者さんみたいですね。
    最後はほんとに良かった!と思えるおはなし。

    投稿日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読んでます

    6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    というか、何度も読んでます。私も大好きな絵本ですが、子ども達も大好きです。
    特に息子よりも娘の方が気に入っている様子。
    いつだったか郵便局で『こんとあき』の切手を見つけた時、もう大興奮!
    『お母さん、こんとあき、こんとあき、だよ!』と鼻をふくらませてもう大変、大人たちは思わず笑ってしまいました。
    優しい絵と物語で、本当に心に残る一冊です。

    投稿日:2016/10/20

    参考になりました
    感謝
    0

436件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(436人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット