もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

こんとあきふつうだと思う みんなの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 16
みんなの声 総数 436
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 作文みたいで…

    レビューがよかったので購入しましたが、正直私はイマイチでした。
    文章が『〜でした』の連続で、小学生の作文か日記を読んでいるよう…
    メッセージ性もないので私の好みではなかったです。
    ファンタジーなのにリアルな絵や設定にもちょっと違和感。特に犬に埋められちゃうところは気持ち悪いです。
    でも娘はこの本が好きなようで、よく読んでと持ってきます。こどもとおとなの感性はちがうんだな〜と思いました。

    投稿日:2013/10/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 普通かなぁ。。。

    子供の反応はいまいち。。。

    実は、私もいまいち。。。

    有名な絵本だけど・・・。

    うちは男の子だからかなぁ。
    共感できる部分が少なかったのかも。

    投稿日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきの描写がかわいらしいけど…

    • ムースさん
    • 30代
    • ママ
    • その他
    • 男の子8歳、女の子3歳

     ソフトで写実的なイラストが魅力の作品。あきの表情、しぐさなど子供らしい描写は絶品だと思います。でも、子供が一人で旅をするという設定にはちょっと違和感。それも昔ではなく現代の日本で。(ファンタジーなのでしょうが…)米国だったら犯罪行為なので、しっくりきませんでした。(なぜなら保護者は子供が12歳になるまで子供を保護しなければいけないという法律があり、その年齢に至らない子供を一人、あるいは子供同士でお留守番させるのも犯罪になるからです。)あと、物語の中に親の姿が見えないところにも何か不安を覚えました。

    投稿日:2002/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

みんなの声(436人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット