せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

こんとあきなかなかよいと思う みんなの声

こんとあき 作:林 明子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:1989年06月
ISBN:9784834008302
評価スコア 4.88
評価ランキング 20
みんなの声 総数 443
「こんとあき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ロングセラー

    • サカグさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子5歳、

    息子には、どうかなと思いながらも絵本クラブで注文しました。まさかのヒット!!
    男の子でも、こんの気持ちを感じとても心が温まる絵本みたいでした。やはり、絵本の力は偉大です。

    そして、こんの秋に対する気持ちが最高に愛らしい絵本です★

    投稿日:2012/09/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • あったかいきもちになります。

    あきと、きつねのぬいぐるみのこんの友情が素敵です。最初は赤ちゃんだったあきが、はったり立ったりどんどん大きくなるにつれて、こんはどんどん古くなっていき、最初は切ないのですが、二人でおばあちゃんのところに直してもらいに出かけて、最後はキレイなこんになるので、ほっとします。友情が素敵なお話です。

    投稿日:2006/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • こんちゃん危ない!

    子供はこんを助けようとして、すっかりお話の中に入り込んでしまいました。「そっちに行ったら危ない!」とか言って、体中でお話に入っていきました。あきちゃんと同じ年代(3〜5歳位)の子に特におすすめです。

    投稿日:2002/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供の自立心を芽生えさせる作品

    この作品のだいご味は何といっても、子供の自立心を大事にしたストーリー。
    キツネのこんが、しっかりあきをサポートしつつ、座席で待たせてお弁当を買いに行くなどの「我慢」と「冒険」も経験させる。
    心細くて、泣いてしまうあきちゃんを応援したくなります。

    うちにも、こんがいたらいいのになー。

    「こーん!」のシーンでは、子供も一緒に叫んでいました。
    ちゃんと冒険して、目的を達成できて、あきちゃんの大きな成長につながったなと安心して本を閉じることができました。
    子供にはたくましく育ってほしいという作者の思いを感じました。

    投稿日:2020/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冒険!

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子1歳

    林さんの作品はおもしろく良い作品がたくさんあり、いつもお世話になっています。
    しかし、たくさんある林さんの作品のなかで、私が一番好きなのは…「この絵本かな?」と思うくらいこの絵本は魅力的でした。

    こんとあきちゃんの冒険談。
    目が離せませんでした。

    投稿日:2020/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あきちゃんのナイト

    上の2歳の女の子に林明子さん作品の3冊目を購入。

    娘が林明子さんの絵本を凄く気に入っている様でしたので、とても人気作品と聞き、まだ早いかなと思いながらも読み聞かせてみました。

    4歳?が対象年齢ようで、今まで読み聞かせていた絵本と比べ物にならないくらいかなりお話にボリュームがありましたが、娘はとても真剣に聞いておりました。

    まだ絵本の内容を十分には解ってない気もしますが、1日1日日々成長して少しずつ内容を理解している様子も伺えます。

    おちゃめでちょっと頼りない可愛いナイトと、いざとなったら大切な人の為に勇気を振り絞れる女の子の心温まるストーリー、人気作品というのも大納得です( ^ω^ )☆

    投稿日:2018/09/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子が好きなものがいっぱい

    • skrさん
    • 20代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子1歳

    あきちゃんが大きくなっていく過程がこんと共に描かれていて、息子にもこんな時期があったな〜とか、息子もこうなるのかな〜と思いながら読んでいます。

    息子は電車を見てブーブ、犬を見てワンワン、湯船を見て温かいと言い、息子の好きなものがたくさんあるので見てるだけでも楽しいみたいです。

    投稿日:2015/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいお話です

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子3歳

    娘が2歳のころからお気に入りです。年齢が上がるにつれてより理解出来るようになってきて、この絵本の本当のよさもわかってくるのではないでしょうか。
    私は、コンの抜けっぷりに、感動というよりくすくすも笑ってしまうのですが、この本が泣ける本だと人気なのはなんとなくわかります。最後の「よかった!」という終わり方が、本当に‘よかった’という気持ちにさせてくれて、好きです。

    投稿日:2015/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでよかったです。

    どれをみてもこの絵本がよく紹介されていたので

    気になっていましたが、なかなか機会がありませんでした。

    病院の待合室で読みました。

    生まれたときからずっと一緒のぬいぐるみ。

    しかも人間みたいにお話ができるなんてステキです。

    話の途中でぬいぐるみに危機が訪れます。

    ドキドキしながら最後まで読みました。

    ずっと一緒にいられる友達みたいなぬいぐるみ、

    最高のお話でした。

    投稿日:2014/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんがいればいいな!

    こんとあきは、いつも一緒。
    こんな心のよりどころになるこんがいて、
    あきはいいなぁって思いました。

    こんは、あきのために色々とお世話をしたり
    あきも、犬に連れ去られたコンを探しに行ったり
    お互いがお互いを必要としていて、
    うらやましくなる関係です。

    そして、こんがおばあちゃんの手作りっていうのも
    とってもいいですね!
    おばあちゃんの愛情がそのままこんに受け継がれていて
    ほのぼのとします。

    うちの娘には、こんみたいな存在がいてるかな?

    投稿日:2012/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

45件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(443人)

絵本の評価(4.88)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット