アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

かっこわるいよ! だいふくくん」 みんなの声

かっこわるいよ! だいふくくん 作・絵:宇治勲
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年04月
ISBN:9784569685465
評価スコア 3.7
評価ランキング 33,648
みんなの声 総数 26
「かっこわるいよ! だいふくくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • かっこいい〜

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    めちゃくちゃかっこいいダイフク君の話です。
    私は周りを汚さないよ〜、色々入っているんだよ〜、カラフルでいいでしょ。と、みずまんじゅうやクリ羊羹、こんぺいとうに「かっこ悪いね」と言われても、自慢はしないで言葉をのみこみ、誰かがピンチの時には体をはって助けに現れる。
    でもなによりかっこいいのは、おいしく誰かに食べてもらうっていう自分の考える幸せで満たされ、誰かと比べない。これですね。

    投稿日:2017/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 和菓子屋さん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    和菓子屋さん内のお話。
    ほかの和菓子たちに「かっこわるいよ!だいふくくん」とバカにされるだいふくくん。
    最初に読んだ時は、みなさん、ひとりにいくらなんでも寄ってたかって、かっこわるいって言いすぎ!と思ってしまいました。
    正直、一番だいふくくんがかっこいいわけなんですけど。
    こどもが気に入ったようでリクエストされる絵本。

    投稿日:2017/04/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • どっしりしただいふくが頼もしい

    みんなに散々言われても
    何も言わずどっしりとまあるい大福に好感が持てたのですが
    ねずみに襲われた時に壊れて中身が見えて、
    ここはイチゴ大福でなくてもよかったんじゃないかなと思いました。
    絵も丁寧で楽しく、
    とても良い作品だと思ったのですが、
    終わり方がちょっと、、、さみしすぎでした。
    壊れないで戦ってみんなと仲良くなってほしかったです。

    投稿日:2016/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふつうでよかったのに…

    ユル〜いかんじの表紙。のほほ〜んとした展開かと…。

    自分の魅力を自慢したい他の和菓子たちが次々と、自分とだいふくくんとを比較して、「かっこわるいよ だいふくくん」と言いに来ます。

    確かにこどもは、自慢するのがだいすき。よくある光景ですが、だいふくくんひとりがターゲットになってるのが、イジメを連想させて、なんだか悲しくなりました。

    さいごは、誰よりもカッコよくきえていく だいふくくんなのですが、他のみんなが「いちごだいふくだなんてしらなかったんだよ」と言っているのが気になりました。
    いちごが入っていようがいまいが、だいふくくんは最高にカッコよかったのです。だから、さいごまで普通のだいふくでよかったんじゃないかなって思いました。

    投稿日:2014/05/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • いじめを連想して悲しい気持ちに

    図書館で、4歳の娘が見つけてきました。
    9歳の娘も一緒に読みました。

    正直、このお話を読んでいるうちにとても悲しくなりました。
    みんなが寄ってたかって、大福くんを「かっこわるい」と言うんです。
    白くて粉コナしてて、まぁるい大福くんに良い所がない、と。
    ただただ自分たちの自慢がしたいから、
    優しい大福くんをおもしろおかしくからかうなんて・・・。

    そこに腹ペコねずみが乱入してきて、状況は一変するのですが・・・。
    他の和菓子たちと大福くんが仲直りして終わるのかと思ったのですが、
    最初のみんなの謝罪の理由が
    「いちご大福だなんて知らなかったから」
    っていうんです。
    謝るのはそこ?と、とても心にひっかりました。
    そして売り物にならなくなった大福くんはお店を去るのですが・・・。

    悪者だったねずみも幸せにしてあげて、大福くんは本当に優しい心の持ち主だと思います。
    でもやはり、ラストが悲しすぎました。
    この自己犠牲の精神、子供たちに伝わるでしょうか?

    悪いお話だとは思わないのですが、
    なんだかちょっといじめを連想させて、悲しい気持ちになってしまったので
    小さい子たちには、私はオススメはしません。
    自己犠牲ではなく、もっと他の形で締めくくってもらえたら
    もっと素敵な本だったのとでは、と思います。
    9歳の長女は、「大福くんは、優しいからきっと何も言わなかったんだね」と言っていましたが、
    やはり気持ちは悲しかったみたいです。
    4歳の次女は、なんとも言えない顔でいつも聞いていました。

    絵はとても丁寧で、特に水まんじゅうが質感が出ていて美味しそうでした。

    投稿日:2013/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • カッコいいけど・・

    大好きなだいふくの話〜と聞いたので
    読みました。

    こういうことって学校でもありがちな感じで
    読みながらちょっと嫌な気分。
    でも、ねずみに襲われた時のだいふく君の対応って
    すごくカッコいい!!
    最後なんて、なんか泣けてきちゃいました。

    その私の様子を見て、子供はそこまで感情移入しなくても・・と。

    大人になって読んだら、きっと今とは違う読み方ができるんだろうな〜と、思いました。

    投稿日:2013/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勝手に決めないで

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    そもそも。題名の「かっこわるい」のことばが好きじゃない。

    でも、きっと見てくれの悪いだいふくくんが、最後には名誉挽回!って話だろうと読んでみたら・・・
    まあ、そうなのだけど、どうしてみんなに認められたかというと、イチゴ大福だったから。

    確かに、イチゴが入っている和菓子はないかもしれないけれど、もっと、たとえば、餡は和菓子屋のおじさんが、おいしいだいふくを作ろうと一所懸命作ったとか、なにかそういうものが欲しかった。

    まるで、人間でいえば、ブランドの服を着ているから、みたいに思えて、私はあまり良い気持ちがしませんでした。

    投稿日:2012/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいふくくんの身の振り方

    4〜5歳児に読みました
    ちょっと困った表情に見えるだいふく君
    イラストが大きいので、次々に登場してくるおいしそうな和菓子やコンペイトウに子供たちが「おいしそう」
    みずまんじゅうやくりようかんはあまり知名度がなく、きょとんとした感じ
    ネズミからお花の和菓子を助けただいふく君は実は・・・・
    そのときの子供の驚きはすごいものでした

    ラストのだいふくくんの身の振り方は子供には理解できたかな・・・
    雲になったんだね・・・みたいな終わり方にしちゃいました

    投稿日:2012/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素朴なだいふく

     自己犠牲のお話は、動物たちのお話であったりしますが、和菓子というのはめずらしいなと思いました。

     だいふくが、かっこわるいなんて、、、その素朴さがむしろ粋なのに、、、。きれいな和菓子たちのいじめも悲しかったです。
     ネズミに食べられて幸せ、という終わり方も悲しすぎます。

     和菓子たちがきれいなだけに、さみしいお話に、きびしい評価になってしまいました。

    投稿日:2012/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読むのはいろんな経験をしてから。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    インパクトのあるタイトルと表紙絵!
    “だいふくくん”の立体感ある描き方と粉の感じがリアルでよかったです。

    お話の中に登場する和菓子の色や形(質感)なども、相当工夫して描かれたんだろうなぁと、思いました。
    特に“水まんじゅう”の、この透明感ってば、すごいです!

    ただ、今まで読み聞かせなどで子どもたちに直接絵本を読んできた感触の1つとして、個人的に「う〜ん……?」と思ってしまうことがありました。
    大人もしくは高校生くらいの経験値があれば、この絵本のラストの“だいふくくん”の自己犠牲のカッコ良さは分かりますし、すごくカッコいいと思えます。
    でも、小さな子どもたちは作品に共感すると、主人公の気持ちになりきって読んでしまったりする子が多いような気がします。
    それなのに、最後に主人公が「消えてしまう(死んでしまう)」終わり方の絵本は届けにくいです。

    ラストはみんなで仲良くなって、またねずみが来ても
    「うっしゃ〜!みんなで協力してるから食べられないよ〜ん」みたいな終わり方だったら、喜んで子どもたちに読むのですが……。
    絵も話も悪くはないのですが、この絵本を小さいお子さんたちに薦めるのは考えてしまいました。
    読むのはいろんな経験をして、大人になってからお薦めします。

    投稿日:2012/04/29

    参考になりました
    感謝
    2

26件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

全ページためしよみ
年齢別絵本セット