新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ

ぼく、いいものいっぱい 〜日本語で学ぶ子どもたち〜」 みんなの声

ぼく、いいものいっぱい 〜日本語で学ぶ子どもたち〜 編著:善元 幸夫
絵:丸山 誠司
出版社:子どもの未来社
税込価格:\1,650
発行日:2014年02月28日
ISBN:9784864120708
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,355
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とてもうれしいです

    ペラペラっとめくったとき

    日記みたいな感じに見えたので

    面白そうだなと思い読みました。

    実は日記じゃなくて作文でした。

    日本の学校で日本語を覚える中で

    外国の子供が書いたものです。

    なので少し文法がおかしかったりしますが、

    その不完全な文章だからこそ

    伝わるものがあります。

    日本語以外話せない書けないと

    いつまでも言っていることが

    大人として少し恥ずかしいと感じました。

    子供たちが一生懸命覚えた日本語で

    素直な気持ちを書いてくれて

    とても嬉しいと感じました。

    投稿日:2022/07/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深い絵本です!

    外国から日本に来た子供達,外国人と日本人の間に生まれた子供達,そんな子供達の気持ちがすごく伝わってくる絵本でした!
    孤独,母国を想う気持ち,一生懸命書いたであろう日本語の文字にも感動しました。
    国際問題,人種差別,色々ありますが,そう子供達はどこの国の子だって同じ「地球っ子」なんですよね。
    子供から大人まで多くの世代の人たちに読んでもらいたい絵本だと思いました。
    深い絵本です!

    投稿日:2015/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 国境

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    国際化が進みましたがやはり国境と言うものを感じてしまいました。
    こどもたちの気持ちが正直に書かれていて心うたれます。
    みんな素直な気持ちなんでしょうね。
    やはり日本でいじめられている子もいるようでいじめる子はどうしてそんなことをするのかかなしくなります。
    いろいろ考えることができ、国際化を意識することができました。

    投稿日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ダイレクトに届きます

    色んな国の、色んな子どもたちの気持ちが詰まっていました。

    辛いことも悲しいことも
    大人のように包み隠さず、ストレートに気持ちを文字にできることは
    子どもの、とてもすごいところだと思います。

    変に飾っていないので、ダイレクトに気持ちが届きます。

    孤独やいじめなどを感じる文章が含まれていますが
    なぜか、不思議と悲観的ではないように思いました。
    挿絵が明るいので、そのせいかもしれません。

    投稿日:2014/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
    出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本


2022年夏に読みたい 出版社いちおしの絵本・児童書・図鑑8選!

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット