話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

とうさんおはなしして」 ママの声

とうさんおはなしして 作・絵:アーノルド・ローベル
訳:三木 卓
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
税込価格:\1,045
発行日:1987年03月31日
ISBN:9784579402496
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,212
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • なんだか懐かしい

    アーノルド・ロベールの作品だったので
    どんな感じなのか気になり、
    本屋さんでぱらぱらと見てみました。

    ねずみのお父さんが、
    すぐに寝るならという約束で子供達にお話をする・・
    というお話でした。お話は全部で7つ。

    どれもクスっと笑えたり、微笑ましかったり、
    安心して読めるお話ばかり。

    一度に全部読まなくても、中のお話をひとつ、ふたつ
    読み聞かせするのにもちょうどいい感じです。

    そこで息子の反応を見たくて、最初のお話だけ読んでみました。

    最初の話は、お金を投げ込まれた井戸が
    「痛いよ!」と文句をいう話なのですが、面白かったようです。
    数日経った頃、突然「痛いよっていう本、また読んで」
    と言いましたから。

    それで購入を決めました。


    私自身が子供の頃、読んだ あるいは読んでもらった
    という記憶はないのですが、なんだか懐かしく、
    心和む感じがします。

    投稿日:2009/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • お休み前に

    絵がかわいらしくてかわいらしくて
    たまらず、手に取りました。
    もともと、アーノルド・ローベルの作品が大好きです。

    ネズミのお父さんが、7匹の子供たちに
    お休み前のとっておきのお話をしてやる・・という設定で
    7つの短いお話がつづられます。
    どれもゆかいでほっこりするお話で
    最後に全員眠ってしまうのが、信じられないくらい。
    こんなお話聞いたら「もっと」と言いいたくなりそうです。

    オフピンクががった彩色のイラストがとても可愛くて
    それをずっと眺めているだけでも幸せな気分になります。
    (特に「だいりょこう」の文章に挟み込まれたイラストは、悶絶ものでかわいい!!)
    「ズボンつり」は、笑いすぎて、苦しくなっちゃいました。

    ずっと手元においていたい一冊です。

    投稿日:2021/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストシーンも最高

    アーノルド・ローベルの絵本が大好きです。
    こちらは、ベッドに入った7匹の子ネズミに、とうさんねずみが語り聞かせた7つのお話です。
    願い事をしようとしてお金を投げ込むと「いたいよ」と声が聞こえてくる「ねがいごとのいど」など、
    どれもねずみを主人公にした、ユーモアたっぷりでかわいいおはなしばかりです。
    シックな色合いの挿絵も素敵。
    ラストシーンも最高です。

    投稿日:2021/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • クスッと笑える

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    読んだことはないはずなのに、
    「あ、これ読んでもらったことある」と息子は言い、
    恐らくどこかで読んだか、読んでもらったのでしょう。

    でも、似たようなお話が多く、
    きっとこのお話からアイデアをもらった作品も多くあるのでしょうね。

    どのお話もクスッと笑えるものが多く、
    寝る前のお話で、こんな風に
    子どもたちに語ってあげられるといいですね。

    でも、そんな才能もないので、
    たくさんの素晴らしい絵本をたくさん借りて
    毎晩読んでいます。

    投稿日:2019/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 7匹の子ネズミたちに

    このお話は、7匹の子ネズミたちに父さんねずみが7つのお話をしてあげるお話でした。それぞれが短い、けどおもしろいお話ばかりなのでうちの子に寝る前に読んであげたら、寝るどころか目がさえてしまったのが絵本とは違うな〜って思いながら子供に読んでいました(笑)

    投稿日:2015/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなおはなし

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    こどものためひとりひとりのおはなしを考えてくれるなんてすてきなおとうさんですね!
    7人のこどもたちもきっとうれしくてどきどきしたことでしょう。
    とてもすてきなおはなしたちでした。
    おとうさんのおはなし後のラストも良かったです。

    投稿日:2014/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝かしつけの絵本として

    お話が7つあるので、学校の朝読用に買いました。
    ねずみの父さんがなかなか眠れない子供たちに話をしてあげるところから始まり、読み手もその不思議な話の中に知らず知らず引き込まれていきます。
    寝かしつけの絵本としてもおすすめです。
    アーノルドローベルの本は、絵・文ともすばらしく優しい気持ちになれます。絵は小さいのですが細かくて、いつ見ても飽きません。

    投稿日:2014/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ベッドタイムストーリー

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子7歳

    おとうさんねずみが7匹の子ねずみにおやすみ前にお話を聞かせてあげるというストーリーですが、この本を実際にお父さんに読んでもらって床についたら、温かな気持ちで眠りにつけそうな心温まるお話です。
    7編のショートストーリーという点も、ベッドタイムストーリーにぴったり!

    投稿日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • どのお話も面白い

    7つのお話が収録されています。
    これだけの数のお話があると、好きなお話・残念ながら、そうでもないお話とあるのですが、この本に関しては、どのお話も面白かったです。
    ガムでズボンを止めるお話は、子供も笑っていました。

    投稿日:2012/12/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前に父親が語るおはなし

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子19歳、男の子16歳

    『Mouse Tales』が原題。
    「とうさんおはなしして」と意訳したところが素敵です。
    なぜなら、寝る前に父親が語るおはなし、というのが、
    子どもたちにとって、どれだけ幸せなことか!
    そのあたりを汲んだ意訳なのです。
    ベッドに入った7ひきの子ねずみたちが、とうさんねずみにおはなしをせがむのです。
    とうさんねずみは、おはなしが終わったらすぐおねんねする、と約束するなら、
    と、なんと人数分のおはなしをしてくれるのです。
    不思議で愉快な短いおはなしばかりです。
    その発想がなかなか新鮮でした。
    じんわりとした面白さ、でしょうか。
    だからこそ、穏やかな眠りに誘ってくれそうですね。
    とうさんねずみの様子には、大人も共感できるような気がします。
    おやすみ前にいいかもしれません。

    投稿日:2012/10/22

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


5月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット