話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

おかあさんふつうだと思う みんなの声

おかあさん 作:シャーロット・ゾロトウ
絵:アニタ・ローベル
訳:みらい なな
出版社:童話屋
本体価格:\1,450+税
発行日:1993年
ISBN:9784924684713
評価スコア 4.13
評価ランキング 23,098
みんなの声 総数 7
「おかあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 考えすぎでしょうか?

    自分のお母さんが赤ちゃんだったころ、自分のお母さんが子どもだったころ、自分のお母さんが大きくなって、結婚して、自分が生まれた。
    自分の母親をこのような形で知ることって、子どもにとってとても幸せなことなのでしょうね。
    等身大のお母さん。
    母の日の絵本として展示されていた絵本です。
    でも、母親の写真が溢れている中に、お父さんの存在感があまりない絵にちょっと疑問を感じてしまいました。
    結婚してからのお母さんの写真も、自分の子ども姿も、写真にお父さんの顔が出てこないのです。
    父親の顔を切り取った写真を見たことがあるから感じるのでしょうか。
    お父さんは、今もいるのでしょうか?
    お父さんとお母さんがそろっていてこそ、自分はしあわせなのに、お母さんの存在感だけが語られているのです。
    ちょっと気になる絵本です。

    投稿日:2012/05/01

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット