あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくもの あらいぐまのせんたくものの試し読みができます!
作: 大久保 雨咲 絵: 相野谷 由起  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
こころがふっとかるくなる あたたかいおはなし

グリムあかずきん」 パパの声

グリムあかずきん 作:グリム
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:池田 香代子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1983年
ISBN:9784572002761
評価スコア 4.36
評価ランキング 12,360
みんなの声 総数 10
「グリムあかずきん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少し大きくなった赤ずきん

    同じ物語なのにどうして印象が違うのでしょう。
    この絵本にはツヴェルガーらしい理性と懐古の味わいがあるのです。
    中世をイメージした絵の中で、赤ずきんちゃんは他の絵本より成長した存在です。
    分別もついてきているのでしょう。
    それなのにオオカミの言葉に乗ってしまいました。
    登場するオオカミは狡猾でいかにも悪。
    乙女心の隙間をねらう巧みさを秘めています。
    赤ずきんちゃんが集める花も決して鮮やかなわけでもないので意味深さを感じさせています。
    狩人もおばあちゃんも存在感があります。
    オオカミを退治した後のくつろぎの風景は、他の絵本にはないように思います。
    少し成長した子供向け。
    同じ物語なのに、不思議ですね。

    投稿日:2011/08/18

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット