まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ポッダとポッディなかなかよいと思う みんなの声

ポッダとポッディ 作:シビル・ウェッタシンハ
絵:松岡 享子
出版社:福音館書店
本体価格:\800+税
発行日:2014年04月
ISBN:9784834080711
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,817
みんなの声 総数 5
「ポッダとポッディ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 異文化に触れる感じが新鮮!

    • たっちママさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子7歳、女の子4歳

    娘が図書館で選んだのですが、子ども達が大好きな「きつねのホイティ」と同じ作者の絵本ですね!
    こちらもホイティ同様、ほがらかな南国ムードのお話で、息子は面白そうに聞き入っていました。
    絵本だと、こういう他の国の新鮮な感じもスッと子どもに入っていく感じがして、読み聞かせていて楽しかったです。
    自分が選んでたら絶対手に取らないだろうお話なので、娘に感謝!

    投稿日:2017/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 舞台は南国、若い夫婦の物語

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    物語の舞台は南の方の島国ではないでしょうか?
    のんびりとした気質の人々で、見ていて楽しいです。
    福音館のおすすめ年齢には読んであげるなら4歳から、と、ありますが、
    主人公の二人が若い夫婦ですし、物語の展開的にも、
    4,5歳の子がこの物語に共感できるかな〜と、ちょっと考えてしました。
    学校や幼稚園など大勢のお子さんがいる場所での読み聞かせに使うなら、小学校の中学年から高学年くらいにお勧めします。

    絵ははっきりとしていて遠目が利きますし、翻訳が松岡享子さんなので、日本語の文章もとても読みやすいです。
    南国に興味のある人、野菜が好きな人、商売のやり取りに興味を持っている人にもおすすめです。

    投稿日:2016/05/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット