虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

よかったね、カモのおちびちゃん」 みんなの声

よかったね、カモのおちびちゃん 文:エヴァ・ムーア
絵:ナンシー・カーペンター
訳:いまえ よしとも
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年04月20日
ISBN:9784776406549
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,861
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心温まるお話でした!

    カモ一家は、みどりにつつまれた公園の美しい公園で暮らして

    いました。うっとりするような「おさんぽ日和」です。

    ”母さんガモのすぐあとにピピン、ビピン、ティピンにディピンと

    つづきます。そして、いちばんあとに、ちびっこジョーが、ついて

    いきます。”この順番で繰り返されるのが楽しいです!

    排水溝に落ちたコガモたちを、消防士3人が助けてくれた心温ま

    るお話でした。カモ一家のおさんぽが微笑ましく見ていた人たち

    がいたから救出できましたね!

    投稿日:2019/11/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • カモの大行進

    この絵本を見て、マックロスキーの「かもさんおとおり」を思い出しました。
    子どもたちを連れたカモの行進は、人間の動物愛護精神を呼び起こすもののようです。
    街中の危険な場所を移動するカモさんを、支援介助する人間たちの慈愛を語ってくれる実話絵本です。
    思いやりの心を、大切に育てたいですね。

    投稿日:2019/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • これぞ絵本

    コガモたちが、次々と落ちていく様子が、文章ではなく、絵で語られ、展開していくところが最高でした。
    愛らしくもはっきりした絵なので、読み聞かせにも良さそう。
    今江祥智さんの訳がすばらしく、ことばのくりかえしも楽しめる絵本です。

    投稿日:2015/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホント、よかったね。

    4歳の息子と一緒に読みました。
    近所の川にもカモの親子が時々やってくるので、とても身近に感じられます。
    実話を元にしたお話ということですが、「ほんと、よかったね」と思わずにはいられません。カモのおちびちゃんたちが本当にかわいくて、親子で嬉しい気持ちになりました。
    カモの親子のお話と言えば、マックロスキーの『かもさんおとおり』もとってもオススメです。

    投稿日:2014/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  •  ある朝、カモの母さんと小ガモ5羽が、暮らしている池からお散歩に出かけました。一列に並んで道路を歩き、町に向かいます。ところが、とても小さい子ガモたちは、道路の排水口のふたの隙間から次々に下に落ちてしまいました!

     大丈夫でしょうか?大丈夫!助っ人が次々に現れましたとも!

     とても単純なお話です。でもその単純なお話を読むことで、「わくわく」「はらはら、どきどき」「あー、良かった」と様々な感情を味わうことができ、最後は幸せな気持ちになれます。画面は大きく、その大きさを活かして絵が描かれているので、ある程度の人数への読み聞かせにも向いています。

     ストーリーが進む街中の場面では、カモや人間たちはマンガチックと感じられる程、とても表情豊かに描かれていますが、最初と最後の池の場面はまたちがった雰囲気。とても美しいです。

      この話は、2000年、ニューヨーク市のモントックという町で本当に起こった話だそうです。絵本のストーリーにはありませんが、奥付上の説明によると、この出来事の後すぐに、ニューヨーク市は排水口の格子をせまいものに取りかえたとか。粋な計らい、「すぐやる」っていうところがすばらしいですね。助っ人たちの優しい気持ちと、カモたちの愛らしさが絵本になりました。

    投稿日:2014/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話だそうです

    3歳3ヶ月の息子に図書館で借りました。
    自宅の近くの公園には池があり、毎年、カルガモがヒナを育てます。
    そして、最近、彼は身近な生き物に興味を持っているので。

    カモの親子がお散歩に出たときに、
    ヒナたちが排水溝に落ちてしまい、消防士さんが助けるというストーリー。
    心があたたまります。
    なんと実話だそうです。

    絵がかわいらしく、絵の構図がカモの視点になっているところがいいです。
    また、影が印象的な絵です。

    息子は興味を持って聞いていました。
    まあ、ヒナたちの名前が似ていて、ちょっとわかりにくいのですがね。

    投稿日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / もうおきるかな? / エイモスさんが かぜを ひくと

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット