アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

はらぺこニードル」 その他の方の声

はらぺこニードル 作:清水 真裕
絵:西村 敏雄
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月01日
ISBN:9784494025657
評価スコア 4.58
評価ランキング 4,581
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 念願の絵本!

    以前、保育園の子ども達に読んだら、とても喜んだ紙芝居がありました。
    『やせいぬニードル』というタイトルで、はりのように やせた犬が主人公のおはなしです。
    「絵本になったら いいのになぁ」と、思っていたのですが、ややや・・・これはもしかして!?

    まちがいありません!
    また、ニードルに出会えました!
    しかも念願の絵本の形で!!

    タイトルや絵など、紙芝居とは少し違う部分もありましたが、それもまた楽しく拝見しました。
    絵を描いている西村さんは、絵本の絵を描くとき、
    ”繰り返し読むのに耐えられるか”ということを意識して描かれるそうです。
    なるほど。西村さんの描く絵本は、登場人物(動物も!)の どこかとぼけた表情が絶妙で、色遣いも味わい深く、何度読んでも飽きません。

    紙芝居も良いのだけれど、絵本にはまた格別の味わいがあります。
    子ども達を大いに沸かせたニードルの活躍が、絵本になったことで、より子ども達の近くに届くことをうれしく思います。

    投稿日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • やせっぽちの犬のニードル、はらぺこの野良犬だけど ちゃんと名前があります
    レストランに入り追い出されて、腹ぺこで歩いていると、大きな犬この対比が 金持ちと貧乏人の象徴のようです
    でも 優しい人間もいるものです
    ヌードルさんのめんのお店にはいると   コックさんがおいしいスパゲティーをごちそうしてくれたのです

    でもこのお店は お客さんがいません
    そこで 犬のニードルがいいことを考えるのです
    アイデアがおもしろい 
    おかげで お店にたくさんのお客さんがやってきて おいしいと 食べてくれ大繁盛  
    なんだか 嬉しくなる絵本ですね

    お互いの優しさが 幸せ呼ぶんだなあ〜!

    投稿日:2018/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名コンビですね!

    ニードルとヌードル!
    とっても良い響きの、名コンビの誕生のおはなしですね。
    ニードルが、どうやって街のみんなをお店に連れてくるんだろうと
    ふしぎに思っていたら・・・
    あらら!ちょっと強引ですが、街の人たちもニコニコ楽しそう!
    ふたりが出会ったことで、お店が評判になって良かったね。
    このお店の麺を、わたしも食べてみたいなあ。

    投稿日:2017/12/05

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット