あきぞらさんぽ あきぞらさんぽ
作: えがしら みちこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
いろんな秋に、会いに行こう!

グリム 七わのカラス」 パパの声

グリム 七わのカラス 作:グリム
絵:リスベート・ツヴェルガー
訳:池田香代子
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1985年
ISBN:9784572002846
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,791
みんなの声 総数 5
「グリム 七わのカラス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 奥の深さを感じました

    グリム童話『七わのカラス』を二人の作品で鑑賞しました。
    グリムの話自体が怖い内容なのですが、ツヴェルガーの絵には奥深さを感じました。
    多分同時に読んだホフマンの絵と好対照だからでしょうか。
    七人の息子たちがいてやっと授かった女の子。
    父親にしても、妹ができた兄弟たちにとってもとてもうれしいことだったのです。
    身体の弱い娘を洗礼するために、父親は息子たちに聖水を汲みに行かせます。
    我先にと走ってたどり着いた井戸で兄弟は聖水を汲もうとしたツボを落としてしまって途方にくれます。
    なかなか戻らぬいたずら坊主たちに癇癪を起した父親が「カラスになってしまえ」と叫んだ言葉が、呪文となってしまって息子たちはカラスになってしまいました。
    父親にとって息子たちはあきらめるしかない存在だったのでしょうか?
    何知らず育った娘が大きくなって耳にした言葉は、娘の心に突き刺さります。
    自分のために兄たちはカラスになってしまったのです。

    兄たちを助けるために、娘は地の果てまで旅をします。
    太陽や月や星たち…。
    擬人化された深みのある絵が印象的です。
    星からもらった鍵を落としてしまった娘は、兄たちが閉じ込められている山の扉を開けることができません。
    そこで自分の手の指を切って、鍵穴に差し込んで扉を開けるのです。
    この残酷な行動の痛みが、話の展開の中で出てこないのが不思議なのですが、娘はお兄さんたちの魔法を解くことに成功します。
    喜びが痛みに勝ったのでしょう。
    幕切れがあっけないので、その後の兄弟の生活と父親との再会のシーンが気になりました。

    投稿日:2011/08/16

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


翻訳者 中井はるのさん、編集者 三輪ほう子さん インタビュー!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 2
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 3

全ページためしよみ
年齢別絵本セット