日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
ジョージ大好きさん 40代・ママ

一度じっくりどうぞ
奥深いお話です。 平和って一言で…

ひらくふつうだと思う みんなの声

ひらく 作・絵:平野 恵理子
出版社:福音館書店
本体価格:\362+税
発行日:2006年05月
評価スコア 4.05
評価ランキング 22,957
みんなの声 総数 18
「ひらく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ひらくものなあに

    開くという言葉で、連想できる世界を楽しむ絵本です。
    最後にご馳走で終わるところに、不思議な食欲を感じてしまうのですが、子どもと一緒に「開く」を考えていく導入例のような気がします。
    身の回りだけではなく、心のなかにも、空想のなかにも、開くものはいっぱいありそうです。
    そんな「ひらく」を出しあって見るのも楽しそうです。

    投稿日:2019/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばあと飛び出す

    いないいないばあ、の遊びのように
    包みや傘をひらく、
    そうすると違うものが出てくる。
    発想はとてもいいなと思ったのですが
    左ページにとじてる絵、右ページに開いている絵。
    いないいない、、、ばあ!としたいのに、
    もう見えてるではないですか!!

    子供も開いたのではなく、
    同じものが二つあると認識したようです。
    風呂敷や重箱というのも、ピンときてませんし、
    もっと身近なお弁当箱でよかったのでは?と思いました。

    投稿日:2011/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 風呂敷

    蕾や蓋が開いた様子を描いたお話です。

    “ひらく”という動きだけですが、十分に楽しめると思いました。
    特に風呂敷は開いたら終わりではなく、次から次へと開く楽しみが増していくので、面白いなぁと思いました。

    様々な物に興味を持ち始めた子どもにピッタリの一冊ではないでしょうか?
    単純な動きと言葉で描かれた絵本でした☆

    投稿日:2008/06/19

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.05)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット