話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ヒワとゾウガメ」 その他の方の声

ヒワとゾウガメ 作:安東 みきえ
絵:ミロコ マチコ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年05月30日
ISBN:9784333026487
評価スコア 4.53
評価ランキング 6,294
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • “忘れない”ということ。

    「あたしたち、ともだちだからいつもいっしょだよ」と、ゾウガメの背中でおしゃべりするヒワと、「いつかじぶんをおいていなくなってしまうのなら、ともだちになんてならないほうがいい」と、ヒワが煩わしいゾウガメ。
    寿命が長く百年以上生きるゾウガメは、多くの別れを経験してきたのでしょう。

    ある日ヒワは、遠い国にゾウという生き物がいると聞き、ゾウガメの仲間かもしれないと、探しにいきます。自分がいなくなっても、ゾウガメが寂しくないように…。
    ヒワがなかなか帰ってこず、いてもたってもいられないゾウガメ。
    やっとヒワと再会できたゾウガメは、その存在がかけがえのないものであることに気づきます。

    ヒワの健気さも、寂しさに心を閉ざそうとするゾウガメの気持ちも、どちらもわかるような気がして、切なくて、胸が締め付けられます。
    そしてヒワに、「これからもいっしょにいよう。いつかわかれがあるとしても、ぼくがひゃくねん、わすれずにいるから。」というゾウガメの心の声に、目頭が熱くなります。
    大切な人のことを想いながら、ゆっくりじっくり、時間をかけて読みたい絵本です。
    そして、いつか子どもに読んであげたいなぁと思える絵本です。

    ミロコマチコさんのダイナミックな絵がまた素敵☆

    投稿日:2014/06/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 高学年以上向け

    全ページためしよみで、読ませていただきました。

    小さな鳥のヒワと、百年以上生き続けられるゾウガメの、お話です。
    ミロコ マチコさんの、描かれる動物は、迫力があって、命の息吹を感じます。

    内容は、高学年以上向きだと思います。

    投稿日:2017/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当に大事な人は身近なところに

    とても心にじんとくるお話でした。
    いなくなって初めてわかる大切さ。
    憧ればっかりで遠くを見て、すぐそばの大事な人に気付かないことは、人間にもよくあります。
    どんな出会いでも、いつかは別れがくる。けれどその最期のときまで大事な人といっしょにいたい。そう思わせてくれる絵本です。

    大人の方におすすめします。

    投稿日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ストレートで純粋な絵本

    読み終える直前に、涙がボロボロ流れました。

    絵本を読んで泣くことはほとんどないのですが、
    ストレートで純粋な文章に、たまらなくなってしまいました。

    雑誌の紹介文を読んだ時には、「へえ、大人にもお勧めなんだ」と思う程度だったのですが
    なるほど、実際に読んでみて、
    これは大人のための絵本なのかもしれないと感じました。

    誰だって、大好きな人とずっと一緒にいたいけれど、
    いつかはお別れがやってきます。
    その時に、「もっと気持ちを伝えたかった」「もっと一緒にいれば良かった」と後悔することも沢山あると思います。

    後悔してからでは遅いから、大好きな人をいつも大切にしようと思いました。

    心に残る絵本になりました。

    投稿日:2014/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友情をかんじます

    ゾウガメとヒワの友情を感じました

    ミロコマチコさんの絵が力強くて引き込まれます!

    まだ見たことのないゾウという動物  ぞうは大きくて鼻が長くてながいきするんだって
    ヒワがゾウをさがしにいくのですが ゾウガメはヒワがいないのが淋しいとかんじるのですね
    ヒワもまたゾウガメとのきっても切れない友情をかんじていたのですね

    おたがいが求め合っているんだな〜と感動的な話でした

    投稿日:2014/06/07

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / アンガスとあひる / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / つんつくせんせいととんがりぼうし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



 【連載】10月の注目の新刊&オススメ絵本紹介

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.53)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット