もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ひろしまのピカ」 せんせいの声

ひろしまのピカ 作・絵:丸木 俊
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1980年
ISBN:9784338022019
評価スコア 4.75
評価ランキング 740
みんなの声 総数 27
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 年齢に関係なく読んで欲しい

    私は、戦争を経験していません。私の親もしていません。
    けれど、娘は「戦争って何?」と聞いてきました。
    答えてあげたいけど、本当のところはわかりません。
    そんな時にこの本を読んでみました。
    「まだ理解できないかな?」「文章も長いし、かわいい絵でもないし、飽きちゃうかな?」
    「それに、リアルすぎて衝撃が大きすぎるかな?」と思いながら読みました。

    他の戦争の本よりもリアルな迫力の絵。
    服ははだけ、胸もあらわな女性や、
    川に浮かぶ死体の絵。
    必死というより、壮絶な形相の人々。
    その描写は、戦争を知らない私でも、その世界にいるような気にさえなる物でした。

    読み終わった後、娘は数秒考えたように、一呼吸置き、
    「こんなことになるのが戦争?そしたらなんで、大人はこんな戦争をしたんやろう?戦争でよかったことなんかひとつもないやんな?」と言っていました。
    きっと、私が口で「戦争とは?どうなるものなのか?」を話しても、娘はこんな風に感じるまでにはならなかったと思います。

    5歳では、早いかな?と思って読みましたが、
    5歳児は5歳児なりに、何かを感じ、大人も何か感じる事の出来る絵本です。
    早いかな?という不安は余計なものでした。

    世界中の人に読んで欲しい一冊です。

    投稿日:2007/09/03

    参考になりました
    感謝
    1

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット