もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ぞうのホートンたまごをかえすふつうだと思う みんなの声

ぞうのホートンたまごをかえす 作・絵:ドクター・スース
訳:白木 茂
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年11月
ISBN:9784033480503
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,031
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ぞうが卵をあたためる?

    なまけどりが、卵をあたためるのがいやになってしまい、ぞうのホートンに、あたためてほしいと頼みます。

    でも、、木を支えたあとに、木に登ったり、ずいぶんとっぴなことをします。


    ホートンは何か月も、雨や雪の中も木に登り卵をあたためます。でもそんなおかしなぞうをみつけた人間に売られてしまうのです。

    なまけどりは、もう帰る気もなかったけど、ホートンが売られたサーカスに偶然来ました。そして、卵がかえるそのとき。なまけどりはいきなり返せ!盗まれた!と文句を言い始めます。でも生まれたのはホートンにそっくりなぞうのような鳥。めずらしいので人間は二匹を故郷に送り返します。

    実際、こんな珍しいのが生まれたら人間は返さないだろうけど、、、、でも、ホートンの誠実な気持ちを受けてホートンに似た顔に生まれたのは気分がすっきりします。

    娘は、この適当な母鳥がいやなのか、あまり気に入らなかったようです。

    投稿日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ほら穴にいるのはどんな” ちちゃこい” いきもの?

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット