新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

あかいくつ」 その他の方の声

あかいくつ 作:アンデルセン
絵:岩崎 ちひろ
訳:神沢 利子
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1987年
ISBN:9784033040202
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,380
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンゼルセンのあかいくつのお話にピッタリの岩崎ちひろさんの絵がステキでした!

    カーレンという貧しくお母さんを亡くした かわいそうな女の子
    あまりにかわいそうに思って 信仰心の深い奥様が育ててくれます
    神様の救いでしょうか?

    しかし あかいダンス靴をはいて 教会に行きみんなからとがめられますが・・・・女の子は、嬉しくてたまらず、お祈りをする事さえ忘れていました。
    神様は この女の子に罪を与えたのでしょうか?
    赤い靴を履くと いつまでも踊り出し止められないのです。
    優しく育ててもらった奥様が病気で死んでしまったのを見て初めて女の子は、罪の意識を感じ 自分の足ごと赤い靴を切り落としてもらうのです。

    そして 神に召されていくんです。
    なんと かなしい お話でしょう。
    人間の犯した罪に対して、アンゼルセンは あかいくつのお話を通して 
    私たちに 人間がどういう気持ちで生きるべきかを 考えさせてくれているように思いました
    深いお話でした。

    投稿日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンデルセンさんの神への侘びの物語。

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    私が幼い頃、毎年、我が家と幼馴染の居間に飾られておりました、いわさきちひろさんの慣れ親しんだ懐かしいイラストでしたので、選ばせて頂きました。
    愛情あふれる、淡く叙情的な水彩画は、今でも親しまれ、愛されておりますね。
    この赤い靴の作品は、恩人を見捨て、自分の欲望の為に赤い靴を選び罰を受け、改心するというお話ですが、この作品を書いたアンデルセンの父親は靴職人でしたが、彼が14歳の時に亡くなってしまいました。そんなアンデルセンは貧乏でそれまで木靴しか履いた事がなかったですのに、父親の死後、初めて皮の靴を作って貰ったのです。そして、このお話に出て来る教会は、アンデルセンが堅信礼を受けた教会がモデルだと言われております。
     大人にも子どもにも長く親しまれているアンデルセンの作品は、空想から生まれたものではなく、彼の繊細な心で、生まれ育った環境、故郷の風景、周辺の人々、彼自身の人生を深く見つめ、写生することで生まれたのですね。この赤い靴は、そんなアンデルセンさんの神への侘びの物語なのでしょう。

    投稿日:2006/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しい赤い靴

    アンデルセンの童話を、いわさきちひろさんの絵で楽しめるシリーズの一冊。

    アンデルセンの原作はあまりにも有名。

    いわさきちひろさんの挿絵が見事としかいいようがありません。

    簡単な線で描かれているのに、少女を惹き付けてしまった「赤い靴」が本当に美しいのです。

     少女のおかした罪に対して、あまりに罰が重すぎるとよく言われます。他の作品を読んでもわかりますが、この作者は女性の虚栄心に対してきびしいですよね。

     それでも、このお話の持つ魅力は不思議と色あせません。
    説教臭さより、靴に踊らされ続ける少女というモチーフの詩情が人を魅了するのでしょうか。

    そんな童話の美しさを完璧に絵画として再現してあります。
    おすすめです。

    投稿日:2006/05/28

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット