なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

かがみのなか」 みんなの声

かがみのなか 作:恩田 陸
絵:樋口 佳絵
監修:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年07月15日
ISBN:9784265079568
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,355
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 恩田陸さんのこわーい絵本

     絵本というのは、なんとも幅広い世界を網羅する出版のジャンルだ。
     この絵本は東雅夫さん編による「怪談えほん」で、絵本というのは子どもたちが眠りにつく前にお母さんが読んであげるというイメージがあるが、こういう怖い絵本を読んだら眠るに眠れないのではないかと思う。
     それでも人気シリーズであって、すでに何冊も刊行されている。
     しかも、書き手がすごい。
     これまでにも宮部みゆきさん(『悪い本』)や京極夏彦さん(『いるの いないの』)などが執筆している。
     そして、この本は恩田陸さん。
     といっても、直木賞を受賞する前の2014年の作品ではあるが。

     恩田陸さんの魅力は絵本に似たところがあって、さまざまなジャンルの作品を描けるとこともそのひとつだろう。
     この絵本にしても「怪談えほん」というだけあって、とっても怖い。
     鏡というもの自体、摩訶不思議なところがあって、それをたくみに使って怖さを演出している。
     そこは絵本だから恩田さんの文章だけでなく、絵を担当している樋口佳絵さんの見せる怖さの要素も大きいのだが。

     なんといっても、主人公の女の子が怖い。
     鏡の中の女の子は当然怖いのだが、それ以上にこちら側の女の子の扁平な表情の方がもっと怖い。
     もっともどちらがこちら側かそれはパラレルでもあるのだが。
     女の子は家や学校という日常を逸脱しない。しないが、そこここに鏡の世界が広がっている。
     日常ゆえの怖さといっていい。

     今夜は眠れそうにない。

    投稿日:2017/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 目が怖い

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子18歳、女の子13歳

    読み聞かせボランティアで、いつも「怖いお話読んでー!」とリクエストされる2年生のクラスで読みました。文章はほんの少しです。そのぶん絵をゆっくり見てもらいましたが、みんな「目が怖いー!」と言っていました。
    私はチョウチョも怖かったです。
    あんまり想像力をはたらかせると、トラウマになってしまうと困るので、さっと読んで、続けて2冊目は笑える本を読みました。

    投稿日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • きもコワ

    このシリーズ、流行っていますね。絵本離れしている6年生も、このシリーズは自分から読んでいます。
    そんな娘、じっくり2回読んで、わかった〜と呟きながら怖い怖いとのこと。けっこう気に入ったようです。
    私は蝶々を食べているのがきもコワだったけど、ラストページは想像通り。むしろこれからのストーリーを期待した。後1ページ書いて欲しかった気がするのは、想像力が足りないのかな。
    うん、ストーリーより絵が、怖くてよかったな。

    鏡の世界って、子供の頃一度は想像するのではないでしょうか。私はしました。
    そういう意味で、子供に親しみある恐怖でしょうね。
    年齢層の広い絵本だと思います。かつ、読み聞かせにも向いているかと思います。

    投稿日:2014/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • もう1人の自分

    学校の朝の読み聞かせで4年生に読みました。

    怖いお話を朝から読むのはどうかな?と思っていました。
    なので先にこの「かがみのなか」を読み、その後に「しゃっくりがいこつ」という楽しいお話を読みました。

    「怖いお話を先によみます」と言うと、みんな固くなりながらもすごく集中して聞いていました。怖いもの見たさが子供達にもあるんだな〜と思いました。
    この話では普段の自分と、違う一面を持つもう一人を鏡を通して上手く対比させていると思いました。

    この本を読んだ中学生の長女が、最後のページで少女が鏡の中から「ただいま」と言って出てくるのですが「この子最初に出てきた子じゃない。髪のピン止めと名札の字が逆だよ」と言ってました。気ずきませんでした!いつの間にか入れ替わっていたのですね。

    投稿日:2014/09/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • いつでも みてゐるよ

    • やぎ座さん
    • 10代以下
    • その他の方
    • 山口県

    昔から「異世界への入り口」というような感じで描かれてきた鏡ですが、ちょっとひねった角度から恐怖の世界へと引きずり込む絵本だと思います。樋口先生の絵が作品と合っていて、読み応え・見応えのある内容になっています。目の描き方が特徴的で、小さい子が見ると怯えてしまいそうな場面もあります。

    鏡の中に一体何があるのか…それが何を意味しているのか…

    あなたを かがみのなかから いつでも みてゐるよ

    投稿日:2014/07/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 恩田陸さん!

    恩田陸さんの本は、親の私も何冊か文庫本で読んだことがあるので、子供向けの本もあると知って興味がわきました。
    恩田陸さん、幅広いお話を書く方なので、これはどんなお話?とわくわくします。
    こちらの本は怖そうですね(笑)。

    投稿日:2019/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 悪夢を引き起こす絵本

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    どこかの小学校の怪談。鏡が気になる少女が、ある日突然、鏡のなかの人に、連れ去られる。話は単純だが、それに至るまでの絵が怖い。日常から異界に紛れ込むjまでの、少女の心理を見事に描いている。よく見ると小道具も凝っていて、怖い。意図的にやっているのだと思うが、少女たちも妖怪や宇宙人を思わせる、変な感じがして怖い。とにかく絵が怖いので、夜中に一人で読むと、もれなく悪夢が見られそうで怖い。だいたい一人でトイレに行けなくなる。そこには鏡があるから…いい年こいて、久しぶりに怖い思いをしました。大人が読んでも十分楽しめる怪談絵本。自分が子どもだったら、トラウマになっていそうだな…どうでもいいが、どうしてみんな眉毛がないのだろう?それも怖いわぁぁああ。

    投稿日:2018/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • かがみ

    小学6年生の娘が「眠る前に何か読んで」と言ったので、この絵本を
    読みました。嫌がらせです(笑)。
    鏡って便利なもので日常お世話になっているのに、怖いですよね。
    私も、暗い中では鏡を見ないようにしています。
    私の予想通り、娘は怖がっていたのでよかったです(怖い絵本を
    怖がらないなんてつまらないですものね)。
    学校での読みきかせで読もうかなあとも思っていたのですが、
    この絵本の怖さは(挿絵も含めて)、もっと親密な感じで読んだ
    方が伝わるかもしれないなあと思ったので、読みきかせでは
    読まないかな。

    投稿日:2018/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわーい

    少ない文章なんですが
    それがかえって、想像力たくましくなり
    怖さ倍増です。

    子供の時に誰もが考える、鏡の恐ろしさ・・。

    昔、夜中に、三面鏡(今、うちにあるご家庭ってある?)に顔だけを突っ込んで
    たくさんの顔を映し出すと
    何番目だかに、未来の自分の顔があるとかいう、都市伝説があって
    やってみたけど、何にもなかったことを思い出しました。

    絵がとても不気味で(特に目)
    それが、このお話に、とても合っていると思います。

    いい大人なのに、ぞーっとしながら読みました。
    耐性があるのか、娘は案外冷静・・。

    投稿日:2017/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子の瞳、モンシロチョウ。ぞっとします

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    「怪談えほん(東雅夫:編集)シリーズです。
    作者は恩田陸さん!!絵本の世界でも「恩田ワールド」は健在です。
    ぞくっとする怖さがなんとも言えません。
    樋口佳絵さんの描く女の子たちの瞳は、物語にとても合っていて印象的で怖かったです。
    鏡を出入りするとき一緒に描かれているモンシロチョウは、灯りに惹かれて集まる蛾のようで、怖さを増長させるアイテムなのかなと、思いました。
    短い文の中に描かれている世界観がすごかったです。

    投稿日:2017/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット